2006年06月05日

ジャパン

 近所にジャパンがある。

 最近流行の「ジーコジャパン」のジャパンではない。ディスカウントストアのジャパン。100円ライターからパソコン周辺機器まで、だいたい何でも売っている。しかも、安い。

 たしか店舗は関西中心なので、それ以外の地域の方にとってはよくわからないかもしれないが、「ドンキホーテ」とか、そういう類の店だということで、各自頭の中で適当に変換しておいてほしい。

 ただし、ジャパンがジャパンたるゆえんは、看板にでっかいオッサンのイラストが描かれているというところだ。関西人であれば、「ジャパンのオッサン」と言われれると大概「あー、あれね」と察することができるぐらい、そのオッサンの顔は知れている。が、それだけ知れてはいるが、誰も名前はわからない。「ジャパンのオッサン」あるいは「能書きオヤジ」なのだ。

 さらに、ジャパンのオッサンは、店の前にも大きなオブジェとして飾られている。決して怪しい宗教ではない。しかし、そんなオッサンの不気味ともいえるオーラを発していながらも、客層は老若男女を問わない。
 近所の女子中学生から、おじいちゃん、ファミリー、ヤンキーまで、ありとあらゆる客が、今日も明日もジャパンに何かを買いに来る。朝8時から夜11時まで。年中無休だ。ただし、ジャパンの広告には「年中夢求」と書かれてある。よくわからないこだわりである。

 ちなみにジャパンには、PB(プライベートブランド)の商品もある。プライベートブランドとは、ジャスコでいう「トップバリュー」のような格安OEM商品だ。ジャパンでのPB名は「JAPAN」というらしい。そのままではないか。

 そしてPB商品には、「石水」というペットボトルに入った少々怪しい飲料水(50円)や、オリジナルの缶入りトマトジュース(50円)、さらには、「幸麺」と呼ばれるオリジナルのインスタントラーメンがある。以前、知り合いの若い女とジャパンに行ったとき、彼女が「あ、幸麺や!これ結構おいしいねんで。うちのお父さん大好きやねん」と言っているのを聞いて、思わず少々引いてしまったこともある。

 また、ジャパンでは、レジの傍らに1円玉がたくさん入ったトレーが用意されている。たとえば会計で「1004円」とかになってしまった時に、自分の財布に小銭がなくてもここのトレーの1円玉を勝手に4枚取って、「自分の4円」として使うことができ、スッキリしたお釣りを受け取ることができるのだ。まさに、肉を切らせて骨を裁つ。これこそがジャパンの真髄である。

 まあそんなところで、また今度続きを書くことにして、今回の日記はこれで終わる。


信頼のディスカウントストア・eジャパン
ジャパンのオンライン通販サイトです。
posted by aasa at 17:16| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

スカイダイビング

 スカイダイビング。

 セスナ機で空高いところまで飛んで、そこから地上に向けて「うぉりゃあ」とばかりに飛ぶレジャー。

 私は実際にやったことはないのだが、テレビのバラエティー番組などで見かけることがある。

 そして大抵の場合、飛び降りるのはタレント一人ではなく、インストラクターみたいな人に密着した状態で飛ぶ。

 そりゃ、未経験の全くの素人がいきなり1人でというのは危険極まりない。

 インストラクターも、インストラクターになる前は、インストラクターのインストラクターと密着した状態で飛んだのだろう。

 インストラクターのインストラクターもインストラクターのインストラクターのインストラクターと一緒に飛んだに違いない。

 しかしこうして見ていくと、辿っていけばいずれ「一番最初にスカイダイビングした人」がいるはずだということに気がつく。

 一体何を思って飛んだのか。

 海と空を間違えたのだろうか。

 あるいは、その後の人生、何か良いことがあったのだろうか。

 すごく気になる。多分どうでも良いことだが、非常に気になる。

 気にはなるが、夜は寝られないほどではない。

 じゃあ、あんまり気になってないんじゃないか。そうかもしれない。まあそんな感じで、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 19:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ビデオデッキ

部屋にフナイの再生専用ビデオデッキがある。10年ぐらい前に、ビデオをダビングしようと1万円ぐらいで買ったものだ。

 当時、国内ではDVDがあまり普及してなくて、やっぱりVHSがまだまだ全盛の頃。購入後2年ぐらいは積極的にフル活用していた。が、調子に乗ってダビングしまくるあまり、気づけば部屋は大量のビデオテープであふれかえってしまっていた。

 これ以上部屋をビデオテープだらけになるのはさすがにマズい。そう思い、このフナイのビデオを封印し、使うのを控えた。

 それ以来、今日まで一切活用されることもなく、今もテレビ台の下の段に入っている。

 さて、このビデオデッキ、どうしたものか。特に使う予定もないし、かといって、このまま置いておいてもどうしようもない。

 ならば、いっそのこと捨ててしまおうか?いや、待てよ。捨てるには確か、お金がかかったような。いやいや、捨てたらお金もビデオももったいない。どうせならネットオークションにでも…と思ったが、モノがモノだけに需要があるか、その前にPSEマークがどうのとかいう問題もあったような。

 とにかく今、非常〜に処分に困る、フナイの再生専用ビデオ。何か良い処分方法があれば誰か教えてちょんまげ、ちょんまげ〜!といわけで、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 03:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。