2006年05月04日

何でもできる魔法の道具

 先日、W-ZERO3というものを買った。
読み方は「ダブリュー・ゼロスリー」で合っていると思う。あまり詳しいことはよくわからない。

 W-ZERO3があれば、いつでもどこでもインターネットをすることができる。

 W-ZERO3があれば、携帯電話よりも簡単にブログの投稿や編集ができる。

 W-ZERO3があれば、屋外でいつでもストリーミング放送の「ありがとう浜村淳です」を聴くことができる。

 W-ZERO3があれば、自宅で録音した音楽やラジオ番組を聴くこともできる。

 W-ZERO3があれば、パソコンの方に来たメールを外出先でチェックできる。

 W-ZERO3があれば、電子書籍を読むこともできる。

 W-ZERO3があれば、暇なときに気軽に映画を観ることもできる。

 W-ZERO3があれば、紙がなくても手書きのメモをとることができる。

 まるで魔法のような素晴らしいW-ZERO3ではあるが、いくらなんでも紙がないときにトイレットペーパーの代わりになることはないというわけで、今回の報告を終わる。
posted by aasa at 14:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ワンセグ対応W41Hのミニレビュー4(W32HからW41Hになって変わったこと篇)

前回の記事:ワンセグ対応W41Hのミニレビュー3(ワンセグ実践篇・下)


 W32HからW41Hになって変わったことについて、自分が気づいた範囲でのまとめです。

[記事の続きを読む]
posted by aasa at 06:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

ワンセグ対応W41Hのミニレビュー3(ワンセグ実践篇・下)

前回の記事:ワンセグ対応W41Hのミニレビュー2(ワンセグ実践篇・上)


 前回に引き続き、今回は以下の内容について見ていきたいと思う。

・連続視聴可能時間:約3時間45分
・160度ぐらい曲げられるワンセグ専用ロッドアンテナ搭載
・主・副音声切替、ステレオ、字幕、サラウンド、データ受信対応
・録画機能(本体データフォルダに保存、最大約30分、外部に移動・コピー不可)
・静止画キャプチャ機能(本体データフォルダに保存、外部に移動・コピー不可)

・BGM再生機能(ワンセグを一時的にバックグラウンドに飛ばして、音声のみ再生)
・画質調整機能(カラー3種類、明るさ5段階)
・画面サイズ切替(縦で小さめ、横向きで綺麗め、全画面)
・タイムシフト再生機能(いわゆる追っ駆け再生)
・オフタイマー(10、20、30、60、90、120分後、OFF)
・スキン切替
・曲名検索
・auICカードを抜くと(解約すると)視聴不能


[記事の続きを読む]
posted by aasa at 00:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ワンセグ対応W41Hのミニレビュー2(ワンセグ実践篇・上)

前回の記事:ワンセグ対応W41Hのミニレビュー1(ワンセグって何?篇)


 そういうわけで、筆者も機種変更で購入したので早速レポートをお届けしよう。

 まず、W41Hのワンセグ仕様はこんな具合。もちろん、視聴だけなら無料。
・連続視聴可能時間:約3時間45分
・160度ぐらい曲げられるワンセグ専用ロッドアンテナ搭載
・主・副音声切替、ステレオ、字幕、サラウンド、データ受信対応
・録画機能(本体データフォルダに保存、最大約30分、外部に移動・コピー不可)
・静止画キャプチャ機能(本体データフォルダに保存、外部に移動・コピー不可)
・BGM再生機能(ワンセグを一時的にバックグラウンドに飛ばして、音声のみ再生)
・画質調整機能(カラー3種類、明るさ5段階)
・画面サイズ切替(縦で小さめ、横向きで綺麗め、全画面)
・タイムシフト再生機能(いわゆる追っ駆け再生)
・オフタイマー(10、20、30、60、90、120分後、OFF)
・スキン切替
・曲名検索
・auICカードを抜くと(解約すると)視聴不能


 以上のうち、重要な項目のみに絞ってひとつずつ見ていこう。

続きを読む
posted by aasa at 00:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ワンセグ対応W41Hのミニレビュー1(ワンセグって何?篇)

 先日、携帯電話を機種変更した。以前使っていた携帯が古くなってしまったわけではない。故障したわけでもない。紛失したわけでもない。しかし、なぜ、機種変更へと至ったのか。
 それは、この、W41Hという端末が、携帯マニア(自称)である私の心を掴んでしまったからだ。

 では、どのあたりが私の心を掴んだのか?また、使用感はどうか?このあたりについて数回にわたりレポートしてみたいと思う。途中で飽きて終わってしまったらごめんなさい。

 何といってもワンセグ

 で、このW41Hの、最大の特長といえば、ワンセグに対応していることである。「ワンセグって何やねん」という方もおられるとは思うが、これは、簡単に説明すると、W41Hの画面上でテレビ放送が観られるということである。しかしながら、今まで、ボーダフォンやauでもテレビチューナー(アナログ)搭載のものは確かにあった。で、ワンセグがこれまでのテレビ機能と何がどう違うのかというと、ひと言で言えば、テレビ放送を綺麗に観られるかどうかの違いだ。

 従来のアナログ方式の場合、確かにテレビは観られるが、(テレビの)電波が不安定で、場所によっては全然映らなかったり、砂嵐だったり、幽霊みたいに揺れて見えたりと何かとテレビ視聴にストレスを感じずにはいられないというのが実情だった。綺麗な画質で観れた日は、そりゃもう、拍手喝采、お母さん赤飯炊いとくれというぐらいのミラクルといっても過言ではない。要は、普段の受信状況においては「まともに観られない」ため、せっかく搭載されているチューナーが宝の持ち腐れと化してしまっていたのである。
 そしてさらに、視聴可能時間が約1時間(スペック値)などと、非常に燃費が悪いという問題があった。

 そこでこの、ワンセグの登場である。ワンセグも場所によっては受信できなかったり、映像が乱れる(ブロック状のノイズが出る)こともあるが、電波が良好な場所では、アナログ方式に比べて圧倒的に綺麗な画質で視聴することが出来るのだ。しかも、綺麗に観られる環境がアナログに比べて圧倒的に広い。また、消費電力もアナログ方式の約半分となっており、燃費が格段に向上している。まあつまりは、モバイルでやっといつでもどこでもより快適に(まともに)テレビが観られるようになったということなのだ。 また、主・副音声切替や文字放送にもきちんと対応している。

 ただし、ワンセグにも問題がないわけでもない。現在のところ視聴可能エリアが主要大都市圏に限られていて、なおかつそのエリア内であってもまだ試験放送中という段階なのだ。主要大都市圏における本放送は今年の4月1日から開始されるので、それまでは試験放送を観るという格好になる。ただ試験放送とはいっても、舐めてはいけない。放送内容は基本的に今普通にテレビでやっている内容と同じもの(サイマル放送という)が観られるのである。

 また、さらなる問題点として、チャンネルの切替に3〜5秒程度時間がかかったり、通常放送と5秒ぐらい時間のディレイがあったり、ブロック状のノイズが発生すると出演者の顔がグチャグチャになってしまうことがあるのだ。特に初めて体験するときは、「うわあぁぁ、なんじゃこりゃ」と目も当てられなくなってしまうが、意外にも、これらは時間とともに慣れる。

 以上で、ある程度ワンセグの概要についてはわかっていただけたとは思うが、次回はやっとこさW41Hのワンセグ機能についてのお話である。

 つづきの記事:「ワンセグ対応W41Hのミニレビュー2(ワンセグ実践篇・上)」

[外部関連リンク]
ワンセグQ&A by 財団法人地上デジタル放送推進委員会
ワンセグQ&A(モバイル向け)
放送局別ワンセグ開始時期一覧
放送エリアのめやす
携帯で楽しめる地デジ放送「ワンセグ」、2006年4月1日開始
日立製作所 W41H 商品情報
ケータイ新製品SHOW CASE W41H(インフィニティブラック)
写真で解説する「W41H」
W41H取扱説明書(PDF)ダウンロード






posted by aasa at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

謎の不在着信

年末年始、謎の不在着信があった。

まずは12月30日22時。非通知で1秒間の不在着信。

次に同月31日11時〜12時の間に、見覚えのない、080から始まる同じ番号から2回の不在着信。いずれも呼び出し時間は1秒間。

そして今月5日、夕方に今度も080で始まるがまた違う番号から2秒間の不在着信。

私は真っ先に「ワン切りか?」と思い、着信番号をGoogle検索にかけた。
ワン切りであった場合、よくネット上で番号を曝し上げられていることが多々あるからだ。
しかし、結果はノーヒット。

次に私は「知り合いか?」と考え、パソコンのアドレス帳を開いて番号を照らし合わせた。
…が、1件もなかった。

ワン切りや知り合いの可能性が低いとなると、こいつぁ何者だ?目的は何なのか?

私は興信所のサイトで、電話番号から相手のキャリア(携帯電話会社)を調べた。

すると、相手先のキャリアはau(関西)であることが判明した。

むむっ、私と同じ関西ということはやっぱり知り合いか?しかし心当たりがない。

また、ワン切りの可能性も捨てきれていないため、とりあえず非通知で折り返し電話をしてみた。
自動音声のようなものが流れたらとりあえずワン切り業者は確定である。

プルルルル…

呼び出し音が鳴り、しばらく経ってから相手が電話を受けた。

………。

沈黙。ははん、この後自動音声が流れるのだなと思い、こちらもしばらく待つことに。

しかし、次の瞬間、「はい…」という、若い女の少し不安げに応答する声が聞こえ、意表を突かれた私は黙ったまま慌てて電話を切った。

どうやら相手は業者ではなく普通の人のようだ。

改めて事情を説明しようかとも思ったが、冷静に考えてみると先にかけてきたのはあちらだ。
何もこっちが通話料をかけてまで問い詰める必要もない。

で、しばらくして、相手の携帯電話がauであることを思い出した。
偶然なのかどうかはわからないが、私もauだ。

au同士であれば電話番号だけで短文のメールが送れる。よし、1送信たかだか3円だし、試しに送ってみるか。

そういうわけで、わりと丁寧な問い合わせのメールを送ってみた。
配送確認も「相手が受け取りました」と出た。

用があるなら何らかの返事がくるだろう。

だが今だ、何の音沙汰もない。

本当は「もしかしたら私の隠れファンか?」と思い、何か展開があるかもしれないと期待していたのだが、特にそういったわけでもないようで、結局その不在着信の正体は謎のままである。

まあ、まずいないとは思うが、手違いか何かでファンになったという人がいたなら、あまり隠れずに正面から応援していただけるとありがたい、と、多少自意識過剰気味になったところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 16:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

ネゴシエーターごっこ

友人などから電話がかかってくることがあらかじめわかっている場合がある。

そういう時、私はハンズフリーセット(イヤホンマイク)を携帯電話に装置し、着信に備えてスタンバイをすることがある。

別に車を運転しているわけでもなく、部屋にいるにも関わらずだ。いや、むしろ部屋にいる時の方が良いかもしれない。
なぜなら「ネゴシエーターごっこ」をするためだ。

さながら交渉人・真下正義のような面もちで「私は警視庁の敏腕ネゴシエーターだ」と念じる。強く念じる。

相手は、特に強迫やからかいをしてくるわけでもなく、当然ながら予定どおりの話を振ってくるが、こちらは過剰なまでの真剣モード。人質が危ないかもしれないからだ。

じっくりと耳を澄まし、声の抑揚や話の内容に注意する。

時折、こちらから有効的な質問を投げかけたり、意図的に「間」をおいたりせねばならないのでわりと忙しい。

マイクを握り締める手が少し汗ばむ。気をつけろ。ここは慎重に待ち合わせ時間を決めなければならない。

むっ、午前中の待ち合わせだと。こっちは起きる自信がない。せめて14時ぐらいでなければ。

「昼ごろはどうかな?朝は起きるの寒くないかい?」

ん、犯人が躊躇している。もう一押しだ。

「じゃあ、15時に梅田で良いね?」

おっ、相手が拒否した。せめて14時にしてくれと。
よし、心理作戦は成功だ。

そういったしょうもない駆け引き(ネゴシエーション)を経て、最後にリモコンのボタンを押したところで通話終了。

携帯電話の画面に通話時間が出ているが、あえて壁の方の時計を見る。

「06分02秒か。よし、犯人は必ず現場にやってくる」

疲れた中に見せる達成感のようなものを味わいながら、ネゴシエーターごっこ終了。

まあ、本当に暇な時にしかやらない遊びだということで、日記を終わる。
posted by aasa at 21:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

機種変更した

携帯電話をW31CAというやつに替えた。

携帯電話の画面からパソコン向けのサイトが見られる「PCサイトビューア(Opera)」という機能を搭載している。

そういうわけで、今日の日記はそのPCサイトビューアから書き込みのテストを兼ねている。

きちんと投稿できなかったら悲しいのであまり長文は書かずに、このあたりで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 21:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

live earth

live earthという携帯アプリをダウンロードした。

live earthというのは、宇宙に浮かんでいるCGの地球を360°から自由自在に見ることができるアプリだ。
太陽が地球に落とす影(日影線)もリアルタイムで再現される。

だからどうなんだと言われそうだが、意味もなくグルグルと回転させたり、拡大・縮小したりすると、もう地球を支配している銀河の大王になった気分に浸れるのだ。

live_earth.jpeg


自転と逆にグルグル回すと、あの過去に戻れるだろうか…いや、その考えはおかしいとか、大宇宙に比べれば人間はどれだけ小さい存在なのだろうとか、あまり普段は考えなくても生きていけそうなことをあえて考えてしまう。

また、カップヌードルを食べながら地球を見ると、なんだかこの間の宇宙飛行士の気分になれそうだ。私はやらないが。

これぞ宇宙と一体化できる禅のアプリや!ということで、今回の日記を終わる。


【live earthへのアクセスリンクその他】
posted by aasa at 16:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Hello Messengerはコケる

先日、auが冬商戦向けの新機種とともに、新サービス「Hello Messenger」を発表した。

Hello Messengerについて詳しくはこちらを参考にしてもらいたいが、簡単に説明するとこれは、音声やテキスト(文字)、画像を使ってリアルタイムで多人数で同時にコミュニケーションを行えるというサービスだ。

続きを読む
posted by aasa at 01:08| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

機種変更事件

少し前だが、気になるニュースがあったのでピックアップしてみる。

「新品「電話帳」に149件 ドコモ携帯、販売店手違い」
 NTTドコモ九州の販売店が福岡市の男性に売った新品の携帯電話の「電話帳」に149件の電話番号やメールアドレスが登録されていたことが1日分かった。スタッフが何かの手違いでデータを記録させて販売したとみられ、販売店は「私たちのミス。再発防止に努めたい」としている。
 ドコモ九州によると、男性は7月末に福岡市博多区の販売店で携帯電話を購入した。携帯の電話帳機能には「うち」として北九州市内の電話番号が登録されるなどしており、誰かの個人的なデータと考えられる。



ドコモ九州の代理店よ、やっちゃったなという感じだが、このニュースを見て思い出したことがある。
私も似たようなことが過去にあったのだ。と、いっても数年前に遡るし、キャリアも違うのだが。

続きを読む
posted by aasa at 02:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

腕時計で携帯メール表示

このブログでもたまにはニュースでも読んでみる。

シチズン、セイコー、カシオなどが、携帯電話で受信したメールを腕時計で見られる商品を作るらしい。
こういう構想は、じつは私もひそかに考え付いていただけあって、ああ、ついにきたかという感じだ。もう私のようなメカ好き・ハイテク好きのおっさんはいやがおうにも物欲をかき立てられざるを得ない。

続きを読む
posted by aasa at 11:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

近所の携帯ショップ

近所に携帯ショップがある。いわゆる専売のショップではなく、そこらによくあるようなDoCoMoからツーカーまで4つのキャリアを扱ってる安売りの併売店だ。

私も最初の携帯電話はよくわからずにそこで買った。が、店員はいわゆるギャル系です!マスカラ増量中です!という感じの姉ちゃんしかおらず、妙になれなれしい。

店内に入ると、とりあえず話かけられる。上から積極的に接客するようにと教育されているのだろう。だがそれにしても、タメ口だ。語尾が疑問形というのも当たり前。

買う気がないやつは相手にしないから今すぐ出ていけというスピリットなのか、よくわからない。

新規契約と同時に特定のクレジットカードをすすめてくることもある。ショップが推薦するクレジットカードを契約すると、端末価格をさらに1000円ディスカウントするといううさんくさいサービスなのだ。

多分何らかのマージンがショップの懐に入ることになっているらしく、やけにしつこくすすめてくる。「クレジットカードは契約後、即ハサミを入れてもらってもかまわない」とまで言うこともある。さすがに必死さが伝わってくる。

ところで先月の末にこのショップの店員が駅前でティッシュを配っていた。
「閉店SALE!永らくご愛顧ありがとうございました。7/31までに新規ご契約のかたには特別提供価格でご奉仕!」
ついにあの阿漕な店もついに消えるのか、と少しホッとした。

が、今月に入ってもまるで何事もなかったかのように普通に営業をしていた。

不死鳥フェニックス…

そんな言葉が頭をよぎった。
そしてまた、今月末も…

やるせなさに肩をすくめつつ、今回の日記を終わる。


<以前のコメント>
posted by aasa at 13:48| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

初めて手にした携帯電話

私が最初に手にした携帯電話はツーカーのTH48S(三菱電機製)だ。
恐らくほとんどの人はこの型番を聞いても全くイメージがわかないとは思うが、私にとっては初めての携帯電話ということで非常に思い出が深いのだ。そもそも、なぜツーカーなのか?なぜこの機種にしたのか?まあたぶん、というか確実に読者の皆さんは全くもって興味がないと思われるが、今回は少しばかり語らせていただきたい。

TH48S.jpg

結論から言ってしまえば、金子賢が出演していたこの端末のCMが格好良すぎたためだ。見た瞬間ググっと、いや、ビビっときたのである。それから私の眼中には既にTH48Sという選択肢しかなかったので、必然的にツーカーで契約するという流れになったのだ。

しかも、Eメールが使える。凄い。ハイテクだ。じつは当時(1998年頃)はi-modeはおろか携帯電話でEメールができるもの自体がまだまだ少数で、私としては非常に「最先端やんけ!」という興奮でいっぱいだったのだ。

ただその時代に「携帯電話でEメール」という発想自体があまりに最先端すぎたためか、周りに携帯電話にEメール機能がついている人がなかなかおらず(一応J-PHONEでは使える端末もあったのだが、ほとんどみんなサービスを申し込んでいなかった)、結局は宝の持ち腐れとなってしまったのだが。


また、当時はまだまだストレート型が主流の時代。そんな中でこのTH48Sはテンキーの部分にフタができるという、いわゆる「フリップ式」。じつはこのフリップは開かなくても一応通話はできるのだが、私はそのフリップを開ける「パカッ」という動作に何ともいえない格好良さと優越感を感じてしまい、意味もなくパカッと開いて通話をしたりしていた。

いっとき「フリップを持つ奴にはナルシストが多い」というよくわからない噂が流れていたが、今になって思うとその噂の根拠はこういったところにあったのかもしれない。

また、TH48Sのすごいところはそれだけではない。なななんと、似顔絵を作ってアドレス帳に登録できてしまうのである!これはとてつもないカルチャーショックだった。
最近は携帯のカメラで撮った人物画像をアドレス帳に登録している人をよく見かけるが、今から7年も前に、それに類する機能があったというわけだ。しかも「目」「鼻」「頭」「輪郭」「口」などのパーツを組み合わせると、出来上がる似顔絵のパターンは理論上「70億通りby公式ニュースリリース)」にもおよぶ!70億通りの似顔絵をすべて見ようと思うと、一体どれだけの歳月がかかるのか。暇な人は是非計算してご一報していただきたい。


TH48Sは他にも着メロ自動作曲機能や待受画面チェンジなどの楽しい機能が満載で非常によくできた端末だったのだが、購入後半年にして原付でスリップした私のケツと地面に挟まれ、その短い生涯を終えてしまった。

切ない思い出を多少引きずりながら、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 16:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。