2006年06月05日

ジャパン

 近所にジャパンがある。

 最近流行の「ジーコジャパン」のジャパンではない。ディスカウントストアのジャパン。100円ライターからパソコン周辺機器まで、だいたい何でも売っている。しかも、安い。

 たしか店舗は関西中心なので、それ以外の地域の方にとってはよくわからないかもしれないが、「ドンキホーテ」とか、そういう類の店だということで、各自頭の中で適当に変換しておいてほしい。

 ただし、ジャパンがジャパンたるゆえんは、看板にでっかいオッサンのイラストが描かれているというところだ。関西人であれば、「ジャパンのオッサン」と言われれると大概「あー、あれね」と察することができるぐらい、そのオッサンの顔は知れている。が、それだけ知れてはいるが、誰も名前はわからない。「ジャパンのオッサン」あるいは「能書きオヤジ」なのだ。

 さらに、ジャパンのオッサンは、店の前にも大きなオブジェとして飾られている。決して怪しい宗教ではない。しかし、そんなオッサンの不気味ともいえるオーラを発していながらも、客層は老若男女を問わない。
 近所の女子中学生から、おじいちゃん、ファミリー、ヤンキーまで、ありとあらゆる客が、今日も明日もジャパンに何かを買いに来る。朝8時から夜11時まで。年中無休だ。ただし、ジャパンの広告には「年中夢求」と書かれてある。よくわからないこだわりである。

 ちなみにジャパンには、PB(プライベートブランド)の商品もある。プライベートブランドとは、ジャスコでいう「トップバリュー」のような格安OEM商品だ。ジャパンでのPB名は「JAPAN」というらしい。そのままではないか。

 そしてPB商品には、「石水」というペットボトルに入った少々怪しい飲料水(50円)や、オリジナルの缶入りトマトジュース(50円)、さらには、「幸麺」と呼ばれるオリジナルのインスタントラーメンがある。以前、知り合いの若い女とジャパンに行ったとき、彼女が「あ、幸麺や!これ結構おいしいねんで。うちのお父さん大好きやねん」と言っているのを聞いて、思わず少々引いてしまったこともある。

 また、ジャパンでは、レジの傍らに1円玉がたくさん入ったトレーが用意されている。たとえば会計で「1004円」とかになってしまった時に、自分の財布に小銭がなくてもここのトレーの1円玉を勝手に4枚取って、「自分の4円」として使うことができ、スッキリしたお釣りを受け取ることができるのだ。まさに、肉を切らせて骨を裁つ。これこそがジャパンの真髄である。

 まあそんなところで、また今度続きを書くことにして、今回の日記はこれで終わる。


信頼のディスカウントストア・eジャパン
ジャパンのオンライン通販サイトです。
posted by aasa at 17:16| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

仮面ライダー響鬼

仮面ライダー響鬼というのがテレビでやっているらしい。

私は観たことはないが、聞いた話によると何でもこの「響鬼(ひびき)」は、敵を仕留めるのにパンチやキックではなく、太鼓を叩くそうだ。

暴力描写に敏感なPTAの影響か何かだろう。

しかし太鼓で仕留められる敵が浮かばれないような気がしないでもない。

どうせやるなら、調子乗りみたいな口調で
「いやっ!夢みたいな話やな」
「そういえば俺もこないだ道歩いとったら」
などという、ネタフリ攻撃はどうか。

敵(悪の集団「KODAMA」)からはガラガラ声で
「チッチキチー」
「俺はあってもおまえはない」
「腕あげたなぁ」
「無茶言うたらあかんわ」
「往生しまっせ」
というボケ攻撃。

ライダー初の漫才バトルということで、次第にに意気投合、さらに正義と悪の隔たりを乗り越えてコンビ結成に至る。

師匠のカバン持ちとアルバイトをしながら、稽古を猛特訓する日々。

最終的には上方お笑い大賞に出場して金賞をとるという、涙なしでは観ることのできない感動サクセスストーリーにしてはどうか。

タイトルは、コンビ名から「仮面ライダーこだまひびき」。

いや、しかし、なんだかオッサン臭い。
多分考えた私でも見ないかもしれないというわけで、無責任に今回の日記を終わる。

posted by aasa at 20:36| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

大阪人チェック

突然だが、大阪人チェックというものをやってみた。

世界中のどこに行っても大阪弁を通す。
海外では郷に入れば郷に従う。しかし、思わず腹が立ったときは大阪弁になる。

FM802のステッカーを車に貼っている、あるいは貼っていた過去がある。
自転車に貼ってた。

「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。時報CMといえばスジャータである。
正解。褐色の恋人。

市道7号・豊中亀岡線の中央環状〜牧落間のことを「ロマンチック街道」と呼ぶのは恥だと思っている。
ちょっぴり恥ずかしいが、名前負けしないようなまちづくりをしていただきたいとは思う。

のこぎりを見ると、ヒザにはさんで、刃をしならせながら、金属などの固いもので、たたいてみないと気が済まない。
そうでもないけど、一度はやってみたい。

お好み焼きをおかずにご飯を食べるのは当たり前だと思っている。
正直、おかしいと思っている。

続きを読む
posted by aasa at 16:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

十三のうどん

人生最期の日に、何を食べたいか?と問われれば、私は迷わず「十三のうどん」と答えるだろう。

十三のうどんというのは、阪急十三駅の構内にある「阪急そば」という立ち食いそば屋のうどんのことだ。

この阪急そばは、駅構内の立ち食いそば屋としては日本初のものだそうだ。
日本初ということは、おそらく世界でも初だろう。

で、私はこの阪急そばのうどんが大好きというわけである。

かけうどんなら一杯200円。麺にコシがないのが弱点だが、だしが非常に美味しい。
最後は飲み干して、思わず「プハァ〜」と唸る。改めて電車に乗るのが面倒くさくなりそうな、至福のひととき。

なお、阪急そばはカレーうどんもなかなかイケるので付け加えてオススメしておこう。

ただ、阪急そばはそば屋でありながら、最近はなぜかチャーシュー丼も置いていたりする。このあたりはどういう狙いなのかよくわからない。

まあともかく、最近のように寒い時期に、帰宅前に十三でちょいと立ち食いうどんをつまむというささやかな贅沢。

これぞまさにオッサン的エクセレントライフスタイル、というわけで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 18:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

リリアンの画像を求めて

本記事は、たかじんの友人であり、大阪でおかまバーを経営しているリリアン氏に関するマニアックな記事であるため、いわゆる「おかまのリリアン」を知らない読者の方にとっては、何のこっちゃサッパリわからないかもしれないが、そのあたりはご容赦願いたい。

私は先日、リリアンの画像を求めてインターネットブラウザを起動させ、Googleによるイメージ検索を試みたのだ。

続きを読む
posted by aasa at 01:50| 大阪 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

金曜生BanBan

MBSラジオ(1179)で、板東英二が司会の「板東英二・金曜生BanBan」というラジオをやっている。

お便り紹介や阪神情報など色々なコーナーがあるが、その中でもなかなか強烈なコーナーが「お婆ちゃんと話そう」だ。内容は名前のとおり。ハガキやメールで、「是非うちの母(お婆ちゃん)と話をしてほしい」というリスナー(主に主婦層)の要望に応え、板東英二が一般のお婆ちゃんに直接電話をする。といっても、特にこれといったテーマがあるというわけでもなく、普通に他愛のない適当な話をするだけだ。
「今何してたん?」とか「雨降ってきたけど洗濯物は入れたんか?」とか。

ただ、当のお婆ちゃんには板東から電話がかかってくることは事前に知らされておらず、会話は恐らく完全なアドリブ。しかもいきなり「もしもし、板東です」と切り出すことが多いため、お婆ちゃんは相手が一体何者なのかよくわからないまま適当に会話を進めることになる。もちろん、お婆ちゃんは電話の内容がラジオで流れていることも知らない。

また、板東英二がほぼ毎回のように「ちょっとそれは失礼ではないか?」と思うような言葉遣いをすることもあるので一部では「年寄りいじめだ」という批判もあるようだ。が、今のところは一応名物コーナーとして続いている。BanBanリスナーにとっては失礼な言葉遣いでさえも珍味的な味わいがあるようだ。

時には、お婆ちゃんが不在で、家の孫娘(女子高生)が電話に出たものの「はぁ?誰なん?」とガチでブチ切れられることもあった。しばらく会話が続いたにも関わらず、お婆ちゃんが板東に「ところであなたはん誰ですの?」と訊くこともあった。また、それに対して板東が名前を名乗らずなぜかホームページのURLを教えるという、非常にまわりくどい回答をすることもあった。そういった頓珍漢なやりとりがこのコーナーの醍醐味といっても過言ではないのだ。ぜひホームページでストリーミング放送をやってほしいものだが、現在のところ対応はしていない。残念。

一度、たまたまこの番組の公開録音に出くわしたことがあるが、アシスタントの「おかまのリリアン」が想像を絶するような威圧感満載だった。テレビも怖いがラジオも怖い。そう感じつつ、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 16:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

レインボーカード

以前、阪急電鉄のラガールカードのデザインがいまいち気に入らないという記事を書いたが、今度は私にとって最後の砦だったはずの大阪市営地下鉄のレインボーカードに裏切られた。

ただ、裏切られたというのは若干被害妄想っぽいので「失望した」とでも言い換えておくことにするが。

どういうことかというと、私のお気に入りだったレインボーファミリーの柄のカードが売っていなかったのだ。
以前は東梅田の券売機あたりのところで職員のおっさんが「レインボーカードいかがっすか〜」と対面販売をしていたので色んな柄から選んで買えたのだが、それがある日突然パッタリと消えてしまっていたのである。

仕方がないのでSUBSTAという駅の売店でレインボーカードを買うことにした。ただ、東梅田の売店は阪急の売店のように柄の見本を示してくれていない。この点が非常にマズかった。

おばはんにお金を渡すと、うむを言わさず「NARUTO」という漫画のキャラクターが多数描かれたカードを渡された。

もちろん作品自体を否定しているわけではない(内容を知らないので否定のしようがない)が、カードのデザインとしておっさんが持つにはやはり抵抗があるのだ。

大阪市交通局よ、こういう好みが極端に分かれそうなものを置くのであればせめて柄を選べるようにしてくれ。
切に願いつつ、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 05:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

ラガールカードに不満

ややローカルな話になって申し訳ないが、私はよく阪急電車を利用する。しかし、不満がある。阪急のプリペイドカード・ラガールカードのデザインだ。

ターゲットにおばはんや年寄りを想定しているのか、大半は宝塚歌劇モノ、花モノ、生物モノ、名所モノなど、私のようなおっさんが使うにはちょっと抵抗のあるデザインが満載だ。もちろん、これら既存のデザインを好む人もいると思うが。

一度阪急電鉄に「阪急電鉄のロゴなど無難なデザインのカードを一枚常備しておいてくれ」みたいな要望をメールで出したことがあるが、やはり遠回しに却下された。

らちがあかないので最近は大阪市営地下鉄のプリペイドカードで代用している。個人的にこちらの「レインボーファミリーシリーズ」の方が断然愛着がわくGoodなデザインだからである。もちろんスルッとKANSAIなので地下鉄のものでも阪急で使うことも可能だ。

ちなみにレインボーファミリーのアカバスチャンが可愛いかったので待受画像も作ってしまった。レインボーファミリーとかアカバスチャンって何や?と思われた方は、是非一度 レインボーファミリーの部屋をご覧いただきたい。

アカバスチャン待受画像をアップロードしたいのはやまやまだが、著作権にひっかかるとヤバいので惜しみつつも今回の日記を終わる。

レインボー2.jpg
posted by aasa at 13:32| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

関西式ウェディング

理想の結婚式というと、決まってエーゲ海の見渡せるチャペルで…みたいなことを言う人がいるが、私はそれとはちょっと違う。ちょっとというか、だいぶ異なる。

まず、式場だ。これはあまりこだわりはないが、まあテレビ大阪のCMでお馴染みのセント・ジョーンズ教会が妥当だろう。

次に司会だが、これはやはり浜村淳にお願いしたい。最初から最後まで褒めまくり一本で「この新郎がまたのけぞるほどの男前で…」などと呼んでいただければ、こちらも鼻高々になれそうだ。まあ会場からはどよめきが起こるだろうが、私は浜村淳の語りだけ集中して聞くことにする。

こうなれば料理人はもちろん、探偵ナイトスクープでお馴染みの林シェフが良いだろう。ただ、ここではわけのわからない虫の料理や靴の料理は要らない。普通に美味いものを作っていただきたい。尚、申し訳ないところではあるが、嫁の西川かの子も要らない。
しかし何らかのコネを駆使して西川きよし夫妻を仲人に迎えたいという気持ちはある。

さらに、各テーブルを回ってインタビューする彦摩呂がいると尚良い。いつもの口調で林シェフの料理を絶賛する姿には、皆が釘付けになることだろう。

さて、では二次会はどうするか。ここは関西のロケの王様・ タージンにビンゴゲームで盛り上げていただくしかない。もちろん、関西屈指の名アシスタントで知られる渡辺たかねにもビンゴゲームを盛り上げてもらおう。
聞くところによれば、タージン司会のビンゴゲームは実際、ものすごく盛り上がるらしいのだ。

また余興でジョニー広瀬やナポレオンズのマジックショーを入れるのも良いかもしれない。ここでマギー審司などのイケメンを呼んでしまうのは、完全に引け目を感じてしまうためタブーだ。

と、そんな感じの恐らく関西のおっさんにしかわからないであろう無茶な妄想をしたところで、今回の日記を終わる。


posted by aasa at 10:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

探偵!ナイトスクープに溺れた日

私は 「探偵!ナイトスクープ」が好きだ。
というわけで、今年の4月ごろ番組観覧に行ってきた。

場所はJR環状線の福島駅から徒歩ですぐの場所にあるABCホール。余裕を見込んで行ったつもりだったが、到着すると結構行列ができていた。
しばらくすると入場時間になったので、入り口で招待ハガキと身分証(運転免許証)を提示し、中に入ることとなった。ちなみに例の番組ステッカーは、招待ハガキと引き換えという感じで貰えた。他にお土産はないのかと思ったが、どうやらお土産は本当にステッカーだけらしい。トホホ…。

ホール内はテレビで見るより少し狭い印象だ。とりあえず着席すると、いわゆる前説と呼ばれる男二人組が登場する。よくある売り出し中の若手のお笑い芸人かな?と思ったが、話を聞くと一人は番組ADで、もう一人は間寛平の弟子の「なんとかチワワ」という人だった。正直、前説自体はあまりうまくはなかったが、場の空気を読んだ(というか同情した?)お客さんが愛想笑いをしてくれたおかげもあってなんとか盛り上がったという感じだった。

その後、ついに出演者が入場となる。見覚えのある探偵たちや顧問(ゲスト)がお客さんの熱烈な拍手に迎えられ、続々と姿を現した。最後に秘書である岡部まりと局長の西田敏行が現場入りし、全員がそろう。こちら側のテンションも既にピークだ。

見ていて思ったが、探偵の座るテーブルは意外に狭い。狭すぎてコケてしまいそうなぐらい狭い。これはさすがに、見ていてちょっと噴き出しそうになってしまった。

で、ついに番組の収録がスタート。お馴染みのジングルとともに、場内随所に設置されたモニターに映像が流れ出す。番組のメインとなるVTRもこのモニターで見るのだ。収録自体はトントン拍子に進んで行き、テレビで見るのとほとんど変わらないスピードで収録が終わった。

最後に5秒パフォーマンスを撮影に入る。この日の5秒パフォーマンスは松村邦洋で、サービス精神からか、元がマジメな人だからなのか、色々なパターンのアドリブで4〜5テイクぐらい頑張っていた。そんなこんなで全収録2本中の1本目が終わる。

1本目と2本目の間には少々の休憩時間があった。どうやら出演者はこの休憩時間内に衣装替えをするらしく、2本目は全員違う服装で登場した。2本目の顧問はご存知、なにわのモーツアルトことキダ・タローだ。私の場所からキダ先生まではかなりの距離があったが、それでもアレの不自然さは確認できた。じつは本人も自らネタにしているのではないか?と思えるほど、不自然さ満載である。しかしながら彼は、テレビ出演中の毒舌ひねくれジジイ的キャラとは対照的に、意外に紳士的で、桂小枝と礼儀正しい挨拶を交わしていた。さすがに桂には頭が上がらないということか。

そんなこんなで2本目(と5秒パフォーマンス)の収録も無事に終わり、私は同伴のM内氏と晩飯に向かうのであった。

今度は 「横丁へよ〜こちょ!」の観覧にも是非行ってみたいと思ったところで、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

北摂

『北摂』。恐らく、近畿以外で生まれ育った方々にはほとんど馴染みのない単語だろう。

じつはこれ「ほくせつ」と読み、大阪の北部一円(吹田、豊中、箕面、池田など)の地域のことをさす。

大阪は、人によって見方は違うが、大まかに3〜5つぐらいのエリアから形成されており、そのひとつが北摂となるわけだ。

では北摂は他の大阪とどう違うか?
北摂は、他県民がイメージする(あるいはマスコミが創り上げる)ようないわゆる『お笑い・食い倒れの大阪』とは180°とはいかないまでも120°ぐらい異なっている。

日本初ニュータウンの影響もあり住民の多くは他県出身者が占める。訛りも府内の他地域に比べて微妙にあっさりした感じだ。そして何より北摂人の多くは、自分が「大阪人」であることをあまり自覚していない。

何を隠そう私も北摂の生まれだが、やはり他県の人に「訛りが薄いねぇ」と言われることが多々あったし、通天閣やグリコの看板を見てもそれほど親近感はわかない。
むしろHEPの観覧車や太陽の塔といったランドマークの方が断然身近なのだ。

まあしかし、そんな北摂で生まれ育った私も小学生の時は阪神帽をかぶり、「きよしこの夜」がマジで西川きよしの歌だと思い込んでいたのだが。
と、どうでもいいカミングアウトをしたところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 03:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

囚われの聞き手

ロックをうるさいと感じる人もいれば、クラシックを退屈だと感じる人もいる。感性とはそんなものだ。

梅田の三番街では時折音楽が流れているのだが、その中に私がとてつもなく嫌いな曲がある。
「Have a nice day〜♪」という歌詞の唄だ。歌っているのは女だが、歌手名・曲名は知らない。そもそも三番街以外では聞いたことがない。

あまりに不愉快なので、自分一人の時にはなるべく自分で用意した音楽を聴きながら歩くか、三番街を避けるようになった。

なぜそこまで嫌うのか?と訊かれても、理由はない。
これも感性だからだ。

と、愚痴を吐いてしまったところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 03:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

高速移動

「世界一歩くのが速いのは大阪人」というが、私も例外ではない。
なぜかはわからない。おそらくDNAや環境、歩幅のせいなのだろう。

さらに私は、大阪人の中でもさらに速い部類に入る。
大阪の雑踏で歩いていてもイラつくことがあるぐらいだ。

そんな私が最も苦手とする近畿のエリアは京都・四条河原町周辺。
大阪の中心部に比べて人は決して多くはないが、いかんせん歩きにくい。
そう、歩道の道幅が極端に狭いため追い抜きが事実上不可能に近いのだ。
だが私にも行き先・目的がある。サクサク前進せねばならない。

抜こうとする私。
ブロックするカップル。
抜こうとする私。
突如立ち止まるおばはん達。

まさに小さな交通戦争。
そんなところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 17:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。