2005年11月17日

無印良品のタイ風グリーンカレー

「自宅でお手軽タイ料理」

突如そんな言葉が頭によぎった。無印良品で売ってあったレトルトのグリーンカレーを買い、自宅に帰る。

レトルトパックは剥き出しの状態で店に陳列されていたので、一応軽く水洗いしてから鍋へ。

5〜7分温めて、ご飯とともに皿に盛る。意外や意外、パッケージ写真と同じぐらい具だくさん。
なお今回、ライスについては面倒くさかったので、タイ米ではなく一般的な日本の白米でいただくことにした。

ThaiCurry1.jpg
右上に見えるのはこぶみかんの葉


具は、おもにタケノコ、鶏肉、フクロタケ、こぶみかんの葉、唐辛子。ちなみに最後の二つは食べずに残すものだ。

で、食べる。ほのかにココナッツミルクのような、タイカレー特有の香りと味。
日本系、インド系ともまた異なる神秘の風味。うむ。これこそ自宅で手軽にタイ料理。

刺激的な辛さがあり、パッケージにも確かに「激辛」と書いてあるが、私にとっては、そこまで激辛というよりは非常に心地よい辛さ。

ThaiCurry2.jpg
たけのこぎっしり!


頭皮から汗が出る。なかなかうまいなぁ。

量が200gと、ややボリュームにかけるので一気に食べ終わってしまった。
大人の男が昼飯に済ませようとすると、どこか物足りないという印象だ。

しかしこれもレトルトの宿命なのだろう。やむを得ん。しかしうまかったので、まあよしとしよう。

そう自分に言い聞かせつつ、今回の日記を終わる



無印良品ネットストア(クリックすると無印良品ネットストアのサイトにジャンプします)
無印良品のレトルト食品(ネットストアではセット販売)
posted by aasa at 16:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。