2005年11月09日

映画「私の頭の中の消しゴム」

原作は永作博美主演のドラマ「ピュアソウル」。

妻持ちの男と不倫した挙げ句に捨てられた主人公スジンが、ヤケクソがてらにファミリーマートに行ってコーラを買うが、商品を受けとるのを忘れたまま金だけ払って店を出る。

しばらくして「そういや財布も忘れた」と気づき、ファミリーマートに戻るが、店の入口でワイルドな兄ちゃん・チョルスが自分の買ったコーラを持って出てくるのを目撃。

腹が立ったスジンはチョルスのコーラを取り上げて飲み干し、これでもかと言わんばかりに顔面にゲップを浴びせかける。

しかしチョルスはそのコーラを自分で買ったのに、なぜいきなり横取りされた挙句にゲップまでされなければならないのか、というわけで、完全な誤解。

思わずチョルスも「コーラー!」と怒って握りっ屁で報復する。

そんな上品とは言えない臭気合戦を繰り返しているうちに、あまりの悪臭に両者は失神寸前。

最終的に、チョルスが起死回生で放ったジャンピング屁が決定打となり、そのショックのあまりにスジンがアルツハイマーになってしまうというストーリーである。


公式サイト「私の頭の中の消しゴム」
http://www.keshigomu.jp


「私の頭の中の消しゴム」は梅田ピカデリー、梅田ブルク7(イーマ)他で上映中です。


(※実際の内容は上記紹介文と一部異なります。ご注意下さい)
posted by aasa at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9155473

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。