2005年10月27日

冒険しようや(南紀白浜篇)9

≪前回はこちら≫

「白浜エネルギーランド3・ジュラシックツアー」


続いて私は「ジュラシックツアー・セカンドミッション」というアトラクションに挑戦してみることにした。

なんか、名前からして恐竜が出てくるのだろうということはわかる。が、これまでエネルギーランドでアトラクションから察するに、きっとチープな感じの、名前は凄そうだけどじつはお粗末的な体感型アトラクションだろうと思い、私はあまり期待しないことにした。

なお、「セカンド」という部分にはあえてツッコまないことにする。

このアトラクションに関しては、上映(?)スケジュールが決まっていたので、開始時間の30分ぐらいに入り口のところに並んだ。並んだといっても、たいして行列ができているわけでもなく、私は前から数えて十数人目というところだった。
こんな子供だましチックなアトラクションに少々早く並びすぎたかな、とも思ったが、開始5分ぐらい前に改めて振り返ってみると、後ろにはかなりの行列ができていた。ジュラシックツアーは意外に人気のようである。

ちなみに、並んでいる場所にはアトラクションの説明みたいなものがあった。研究所の責任者(どうやら外人)と日本人の博士が白浜の地底で偶然発見したタイムマシンで冒険するアドベンチャーで、CGがすごい迫力らしい。へぇ。

なんだかよくある触れ込みだな、と、相変わらず私はあまのじゃくに受け止めていた。
こういうのは大人の悪い癖のようなもので、本当はあまりよくないのだろうが。

で、時間になるといよいよアシスタントの女の人が出てきて、奥へと案内される。

その先のエレベーターで地底へと降りていく演出を体感。

上のほうにはデジタルで「5M…15M…25M…120M…」と表示されていて、降りている間はずっと、横にあるモニターで木の実ナナのような女が色々解説している。

そうこうしている間についに地底に到着。
思いのほか広い。シアターのような空間で、正面にでっかいスクリーン、そして客席に相当する場所には何やら2台のライドマシーンが並んである。1台あたり20人ぐらいは余裕で乗れるくらいの大きさだったと思う。

だがライドマシーンは固定型(?)のようで、前のほうへ進んだり、横に動いたりとか、そういう動きはしなさそうだ。つまり、アクションは少ないということだな。

お手並み拝見とばかりに、いざマシーンに乗る。みんなが乗ったのを確認して、アシスタントがお約束の安全バーを下ろす。

すると…

何ということだ!ライドマシーンがジャバラ式の脚で浮き上がるではないか。
浮き上がるとは聞いていないぞ。
戸惑う私をよそに、照明が消され、スクリーンに映像が映し出される。それに連動してライドマシーンが動く動く。激しい。しかも想像以上のスリルと迫力。これはUSJのバックトゥザフューチャーやスパイダーマンに匹敵すると言っても決して過言ではない。ん?うお、目の前に恐竜が!博士、なんとかしてくれ!今度はT−REXか!こいつは厄介だ。ぎょえ〜!こっちに来る!もうダメだーー!!おっと、間一髪セーフか!油断したぜ。…む?!そこは崖だ!うおおぉーーーっ!!

まさに想像以上の迫力。こいつは凄い。正直、舐めてかかってごめんなさいと言いたかった。
ライドマシーンの激しすぎる揺れに体は少々ぐったりしたが、結果的には大満足のジュラシックツアー。また来よう。そう思いつつ、私はその場を後にしたのだった。

つづく

※「ジュラシックツアー・セカンドミッション」のサンプルムービーは、エネルギーランドのホームページで観られます(QuickTime)。
posted by aasa at 18:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8657979

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。