2005年10月12日

メガネ買った

先日、とあるショッピングモールでふらりと立ち寄った店でメガネを買った。

私の視力は運転免許の裸眼がギリギリセーフというレベルなので、日常生活において特にメガネが必要というほどヤバいものではない。しかも、それほど金に余裕があるというわけでもない。

しかしながら寝不足で判断能力が低下していたためか、思わず買ってしまった。
レンズが7900円、フレームが7900円。すなわち合計で15800円。

検眼は無料でしてくれて、おまけで単体で買うと600円ぐらいするメガネケースを貰った。このメガネケースは異様にデカい。メガネが二つぐらい入りそうなほど余裕がある。でもなんだか愛着のわく、どこか野暮ったいデザインで気に入った。
でも改めて見直すとやっぱりデカい。

検眼のときは両目のピント検査みたいなものがあって、スコープのようなものを覗いている私の目の瞳孔から店員がピントを探ってくれたのだが、その時店員側のディスプレイに瞳孔が大小する様子が映し出されていおり、店内にいた客のカップルが私の瞳孔の動きを見て「うわっ、すげえ」「あんな大きくなるモンなんか」などと大層驚いていた。
それにはさすがの私も思わず、「人の瞳孔を見てどうこう言うな」と、説教したくなった。いや、それはウソで、なんだか若干気恥ずかしかったというのが本当のところだ。

他にも視力検査みたいなものをやった。といっても、いわゆる「C」のようなアレを見るのではなくて、「に」とか「ほ」とかのひらがなが並んでいるのを店員のごく近くで読まされた。
ただ、昼にニンニクのたくさん入ったパスタを食べたので、私が発声するたびに店員が顔をしかめていたような気がした。店員さん、ごめんなさい。

まあそんな感じで検眼が終わってから約30分。フレームの微調整を終えて待望のメガネが私の手元に届いた。とりあえずかけてみる。

ふむ。なんだか視野が狭い。でもよく見えるし、ちょっと知的になった気がする。
「先生、そんなことより早く授業を進めてください!」、そんな感じだ。

しかしまだメガネを掛けるという習慣に慣れていないからか、かけて1時間ほど経過すると段々ストレスが溜まってきて、結局外してしまう。そして「なんで買っちゃったんだろう」と少し後悔。しばらくして、「でも15800円したし、やっぱりかけよう」とメガネをかける。
でも段々煩わしくなってまた外す。で、また掛ける。

そんなことを繰り返しながら、結局成功だったのか失敗だったのかよくわからないまま今回の日記を終わる。


posted by aasa at 17:31| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メガネはいいですよ。
なんだか少しかっこよくなった気もしますし。
Posted by 洪ふご at 2005年10月12日 19:54
>洪ふごさん

今は、特に何も考えていなくても黙っているだけで、さも何か難しいことを考えているかのような雰囲気を出す特訓をしています。
Posted by aasa at 2005年10月13日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。