2005年08月30日

下り坂

高校の頃、「下り坂が嫌い」と言っていた友人がいた。
下り坂は登り坂に比べて歩くのが楽で良いはず。にも関わらず、なぜ彼はそんな楽な下り坂を嫌いだと言うのだろう。

素朴な疑問を感じた私は、彼に理由を問うてみた。すると返ってきた答えは

「だって帰りは登らなあかんからね」

なるほど。たしかに一理ある。ただ彼は、悲観論者か、現実主義者か。

彼は多分「下り坂」そのものは嫌いではなく、その先にある「登り坂」が嫌いなのだろう。
で、その本当に嫌いな「登り坂」を予感させる「下り坂」に関して嫌悪感を抱いているのではないか。

すると行きが登り坂で、帰りに下り坂になる、この後者の下り坂は嫌いかそうでないか。謎は深まるばかりだ。

では、今一度彼に問いたい。

「登り坂は好きか?」と。

なんだか頭が痛くなりそうになってきたところで、今回の日記を終わる。

<以前のコメント>
Commented by 白墨 at 2005-08-30 22:23:03
おじゃまします ほんまに坂道話だったのか‥てっきり年齢話かと思いました‥かってにちなみに父は無縁坂がすきでした‥
Commented by AASA at 2005-08-31 13:35:30
>白墨さん

すいません、期待を裏切ってしまって…。ちなみに私の昔のあだ名は「ペテン師」でした(^^ゞ

posted by aasa at 16:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6381433

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。