2005年08月24日

冒険しようや(南紀白浜篇)3

≪前回はこちら≫

「宿探し」

その後再び阪田のバス停に戻ったものの、次は30分後までバスがない。周りに特に見所やお店もなかったので、暇つぶしに次のバス停まで歩くことにした。

途中に白浜シーサイドホテルがあった。私は宿を決めていなかったので、適当にここでチェックインしようと思いつき、鼻息を荒くしながらフロントに向かった。

内装や従業員の服装はなんだか一昔前といった感じであまり私は好きではなかったが、CMでよく聞くホテルの名前ということと、早く宿を決めて安心したいという気持ちだったのだ。
が、あっさり断られた。

仕方がないのでまた次のバス停までてくてく歩き、とりあえずバスで白浜駅前に向かうことにした。

で、駅直結の観光案内所みたいなところで一泊3500円の格安宿(国民宿舎)を発見し、公衆電話から予約を入れた。
このご時世にわざわざ公衆電話を使ったのは、私の使用している携帯電話は何かとバッテリーの持ちが悪く、この時点(夕方)ですでにピクトが1本となっていたためだ。
また、公衆電話は電波状況に左右されず安定して高品質な通話環境を得られるため、個人的には「より確実な連絡ツール」として日頃からわりと重宝している。

無事に予約が成立すると、今度は腹が減っていることに気がついた。そういえば白浜に着いてからまだ何も食べてなかったのだ。

駅前にコンビニもない。まあ、あったところで行くかどうかは微妙なところだが。

そういうわけで、私は晩御飯を食べようと駅からバスで5分ちょいの場所にある「とれとれ市場」に向かった。

つづく




<以前のコメント>
Commented by ルミオーネ at 2005-08-24 09:57:29
またもやこんにちは!

つづきが気になるので、お気に入り登録させて頂きます

とれとれ市場というネーミング気になってます…

一応でまわる予定です
Commented by AASA at 2005-08-24 20:21:09
>ルミオーネさん

ありがとうございます。白浜の他の名所も紹介していくつもりですので、よろしくどうぞ。
posted by aasa at 07:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6190473

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。