2005年08月18日

恐るべし脳みそ

時々気がつくことがある。人間社会は全て脳みそ中心で成立しているということに。まあ当たり前といえば当たり前なのだが。

自然物以外の物体は、全てヒトの脳みその指令によって作られている。

脳みそがヒトの目や口や手を動かして、その動かされた身体が素材を集め、道具をこしらえ、脳みそが満足するモノを作るのだ。

つまり人間の身体ですら、脳みそ以外は単なる偶像ということになる。

犯罪者がいるとする。犯行を思いつき、実行に至らせたのはその犯罪者の脳みそだ。物理的に犯行を実行したのはその人物の手や口であるが、手や口を恨むのは少々おかど違いで、本来被害者は犯罪者の脳みそを恨むのが一番現実的と思われる。

同様に、人を好きになるのも実際は相手の脳みそを好きになっている。人がどういった服を選んで着て、どんな喋りかたをして、自分にどう接し、どんな話題を持ち出すかまで、全ては相手の脳みそが決めているからだ。

この概念は科学的には正しいと思うが、いかんせん味気ないのでやっぱり封印した方が良さそうだと思いつつ、今回の日記を終わる。


<以前のコメント>
Commented by nove at 2005-08-18 21:09:08
なかなか面白い(笑)
ほぼ納得です!
けど少し疑問が・・
ふと見かけただけの人を好きになってしまう『一目ぼれ』ってのはどうなるんですか?
微妙な横槍を入れて申し訳ない。
Commented by キュう at 2005-08-19 01:08:27
大変興味深いです あのカワイイ子を形成し維持しているのは、シワシワでプルプルした器官だったんですね〜。
Commented by AASA at 2005-08-19 13:38:29
一目惚れの場合は、基本的に相手の遺伝子(先天的な外見のつくり)+脳みそ(後天的な要素)に自分(一目惚れする側)の脳みそが反応したって感じですかね。出生した環境等も関わっていると思いますので、正直記事の理論が通用するかというと苦しいところですね。
posted by aasa at 19:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6187796

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。