2005年08月14日

ハヤシライス

正直ハヤシライスは格好いいと思う。
もちろん格好いいのは見た目ではなく、そのポジションというか、独特の存在感だ。

圧倒的な人気で国民食とまで呼ばれるカレーライスのシャドウ的存在と言っても過言ではない。
ただ、ついつい相対的に見てしまうからアレだが、絶対的に見ると一応まずまずの存在感はある。いわば「あ、そういやあったあった」的価値である。

似たようなところでは、黒ビール、ロゼワイン、コボちゃん、がそれに近いだろうか。
コボちゃんはともかくとして、黒ビールやロゼワインも俗っぽさがなくなかなか格好いい感じだ。

居酒屋のメニューに黒ビールがあれば、なんだかついつい頼んでしまう。「へっへっへっ、俺は君らと違うんだぜ。でも極端に違うとなんだか寂しいから一応『ビール』というカテゴリだけはマッチさせてもらいました。よろしゅう頼んます」というような感じだろうか。

ちなみに昨日はカレーを食べた。美味かった。というわけで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 03:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。