2005年08月13日

悪酔い対策

悪酔いや二日酔いは非常にタチが悪い。悪酔いして吐いてしまうと場がシラケるし、二日酔いに陥ると非常にブルーになる。今回はそんな悪酔い・二日酔いを防ぐ方法を私が勝手に提案してみる。

【楽しい雰囲気】
ともかく、酒が入る席では場を楽しむことに徹しよう。「あぁ、なんかこの空気苦手やな‥」とネガティブな状態で飲んでいると、やはり経験上悪酔いしてしまうことが多い。声を1オクターブ上げて楽しむぐらいの心の余裕は不可欠だ。

【チャンポンはしない】
飲み会の席では、ついつい欲張ってチャンポンをしてしまいがちだ。チャンポン自体が悪酔いの要素となることはないらしいが、チャンポンをしてしまうと自分の許容量を見誤る危険性が高い。よって、始めから最後までひとつのものをオーダーすることをオススメする。
「最初は生中で合わせようぜ」的な雰囲気もあるが、それに流されて悪酔いしてしまう方が断然印象が悪い。

【こまめに水分補給】
水分補給によって体内アルコール濃度をこまめに下げるという努力を怠ってはいけない。これも「ウーロン茶や水をオーダーしてはいけない雰囲気」を無視するより、悪酔いしてしまう方が断然印象が悪いからだ。カバンにペットボトル飲料を忍ばせておくのも良い。
もし二日酔いになってしまった場合には水か果汁100%のグレープフルーツジュースを摂取すると良いそうだ。

以上の三点を実践しておけば、私の経験上悪酔い・二日酔い対策はほぼバッチリだ。

ただし、最終的にはやはり自分の限度や体調(コンディション)と相談すべきということで今回の日記を終わる。


<以前のコメント>
Commented by キュう at 2005-08-14 13:01:48
初めまして、いつも楽しく読ませいただいております。
昨夜は、ご提案された3点の真逆の飲み方をしてました。
はい、二日酔いです。
Commented by AASA at 2005-08-14 13:14:38
>キュうさん

ご愛読ありがとうございます。二日酔いは本当に辛いですね。とにかく水、水、水、水のがぶ飲みでなんとか乗り切って下さい。お大事にです。
posted by aasa at 15:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。