2005年08月12日

マクドナルド

私はマクドナルドが苦手だ。
以前からなんとなく苦手であったが、マクドナルドを題材にしたドキュメンタリー映画「スーパーサイズミー」を観てからは、その「なんとなく苦手」が「やっぱり苦手」に変わった。

マクドナルドのメニューを摂取した時の身体への影響についてはスーパーサイズミーを参考にしてもらうことにして、そもそも、あのドナルドとかいういかにも子どもを誘拐しそうなキャラクターが微妙だ。包丁を逆手に子どもを追いかけ回しても何の違和感もない。

ちなみにテレビCMの「アイラ〜ビン(I'm lovin' it.)」とかいうフレーズも私は好きではない。

また、客層もいただけない。どういうわけかマクドナルドには子どもがギャーギャー騒いでいてもそれをほったらかしにしたり、子どものそばでタバコをスパスパする親が多い。

それから、以前、一部の店舗で「女性専用席」なるものを設けていたのも、私としてはいただけない。
確かに最近の消費の原動力は女中心というのはわかるが、果たしてハンバーガーを食うのに男と女を区別する発想はいかがなものか、と疑問を感じた。
男にとっては非常に胸クソ悪いし、女も隔離をすすめられているようで、良い気分はしないのではないだろうか。
結局、特に好評を得たわけでもなく、この女性専用席は消え去り、完全になかったものにされてしまったが。

さらにマクドナルドは全国にあるので、日本のあらゆる駅前の街並みがだいたい「お決まり」っぽくなっていて非常につまらない。
中には安心感を持つ人も少なからずいるだろうが、雪国も南国も都会も地方も、とりあえず駅前にはマクドナルド。ここはアメリカかいな?と思ってしまうというのはちょっと大袈裟だが、やはり個性のない街並みがちょっと退屈であることは否めない。

まあそういうわけで、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 17:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6143037

この記事へのトラックバック

マクドナルド
Excerpt: ド「のためにそこへ行く」、つまり、座席付きのレストランであり、同時に「どこかへ行くために」マクドナルドへ寄る、つまり、外出時に手軽に迅速マクドナルド・国道関目店)マクドナルド(英語:McDonald'..
Weblog: 【マクドナルド】とは
Tracked: 2005-10-02 14:24


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。