2005年07月27日

12月に生まれて

私は12月生まれだ。
12月といえば冬まっさかりで、結構寒い。にも関わらず、私は寒がりだ。一度コタツに入るとなかなか出られない。むしろお暑い夏の方が好みだ。

また12月生まれ特有の不満といえば、小さい頃に貰う誕生日プレゼントはクリスマスプレゼントと一緒にまとめられてしまうということだった。

例えば、誕生日プレゼントにガンダムのおもちゃ、クリスマスプレゼントにファミコンのカセットを買ってもらえても良さそうな感じだが、12月生まれの場合はそれが一度にまとめられてしまうのだ。

それだけならまだ良いが、ひとつ問題がある。通常「1+1=2」となりそうなプレゼントの総価値が、ひとつにまとめられてしまうことによりなぜか「1〜1.5」ぐらいの価値にしかならない。
この点には、子どもながらにシビアな不満を感じていた。

まあしかし、「1」ならまだ良いほうで、実際は「見たことのないスナック菓子」や「ほとんど興味のない本」などの、どう考えても0.2ぐらいの価値しかないんじゃないかと疑うプレゼントが大半を占めた。ギャフン。

しかしながら12月に生まれて良かったと感じることもある。クリスマスに向けて街がロマンチックに彩られるということだ。まるで自分を祝福してくれているかのように。しかも、ケーキの種類が豊富でチョイスに困らない。まあじつのところ私自身ケーキは好きではないのだが、甘いものが好きな人にとっては嬉しいのだろう。他にもパーティーグッズが色々出てきたりと、とにかく12月は独特のお祝いムードがあって良い感じになるのだ。

また、12月に限らないが寒い時期ということで鍋パーティーをしてもらえることもある。昔一度やってもらったことがあるが、終盤は友人同士の内輪話がやたらと盛り上がったため最後は主役であるはずの私が一人で片付けをすることになった。でもまあ自分の部屋だったし、そんなもんなんかな。結局はゼロサムだというところで、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 17:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。