2005年07月21日

勇気ある者

小学生だったか中学生だったかの頃、休み時間に色々な遊びを考えて、実際にやったりしていた。
その中でも最もシンプルかつデンジャラスな遊びが「勇気ある者」だ。

では、遊び方を説明しよう。
目を閉じたまま壁に向かって全力で走り、任意の所で止まる。それだけだ。
補足としては、止まる場所が壁に近ければ近いほど高ポイントとなる。しかし、もちろん勢い余って止まりそびれると壁に激突し、打撲・出血は免れないという恐ろしいシステムだ。
失敗したら自動で即罰ゲーム、しかも自己責任という合理性がこの遊びの最大の魅力と言っても良い。

自分で考え出したというか、今思えばそのまんまチキンレースなのだが、あまりに危険なんで皆さんは真似をしないようにしていただきたい。

またもや回顧録になってしまったところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 16:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6139570

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。