2006年05月06日

新しい服

 先日、友人のY内氏と会う約束があった。で、家でパジャマから外着に着替えようとしたのだが、あいにくその日は、いつもよく着ている定番の服(安心服)がすべて洗濯中だったことに気がついた。

 う〜ん、と小一時間悩んだ末、この前に買ったけど一度も袖を通していないシャツが目に入った。そのシャツは、一度も袖を通していないばかりでなく、買ったときの紙袋に入っている状態だ。

 私は袋からそのシャツを取り出し、着て出ても恥ずかしくないデザインかどうかをあらためてチェックした。うむ、大丈夫そうだ。そして値札を切り取り、シャツに直接貼ってあったサイズシールを剥がし、袖を通しながら鏡でさらにチェック。悪くない。

 もう時間も時間だったので、とりあえずその服を着て家を出た。電車で待ち合わせ場所に向かい、Y内氏に会い、コーヒーや水を飲みながら小一時間、あれやこれやと他愛のない話をした。

 この日は春だというのにまだ少し肌寒さが残っていて、上着なしのシャツオンリー状態だった私はちょっと失敗したかな?と思った。

 あまり日が暮れてしまったら、かなり寒くなって、帰るどころではなくなってしまうのではないか。春は温度差も激しいし。そう気づいた私は、この日は少し早目に帰ることにした。

 電車に乗り、ちょっと格好つけながら駅から家まで歩き、ようやく家に到着して、シャツを脱いだ。
 と、その時、シャツの襟元に、剥がし忘れていた「L」のサイズシールがびっちりとついているのを発見し、私は声にならない叫びをあげた。
posted by aasa at 09:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。