2006年04月26日

マルチリンガルへの道

 今月からNHK第二のビジネス英会話に手を出した私だが、ものはついでということで、学生時代にやっていたフランス語のラジオ講座にも欲張って手を出してみた。

 ビジネス英会話の放送が1週間に3回(各15分)なの対し、フランス語は1週間に4回(各20分)、と、時間的には微妙にハード。ただし、フランス語の方は入門編ということで、ビジネス英会話に比べると非常にやさしいレベルになっている。

 さらに、英語に飽きたらフランス語、フランス語に飽きたら英語という具合に相乗効果も見込めそうな上、毎回番組を録音して暇な時に聴くつもりなのでなんとかいけるだろうという、私の甘い皮算用である。

 だがしかし、やはり現実はそう甘くはなかった。2つの講座を同時に履修していると、聴くだけで1週間で2時間以上になる。復習をすると3時間も越える。

 つまり生半可な気持ちでは二足のわらじは履けない。この現実に気づいたのはごく最近だ。

 浅はかな私の皮算用とは裏腹に、このところ講座の録音ファイルがたまりまくっているのである。さすがにこれはいけないと思い、1日に2〜3レッスンこなしたりしてなんとか本放送に追い付こうとするのだが、もはや焼け石に水状態。

 なんとか英会話は5回分、フランス語は3回分にまで追いついたものの、二兎追う者は一兎も得ずとはまさにこのこと。

 もうちょっと、あともうちょっと頑張ればなんとかなるだろうと自分に言い聞かせつつも、懲りずにNHK英語ニュースに手を出しながら今回の日記を終わる。
posted by aasa at 00:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。