2006年04月05日

食堂の自動販売機

 新年度の訪れとともに、わが社員食堂(職員食堂)の自動販売機が総入れ替えになった。

 以前に置かれていた自動販売機は、ごくごく一般的な、わりとよくあるタイプで、コカコーラやサントリーといったメジャーどころはもちろん、私の大好きなアサヒ、JTの製品が入り乱れたものだった。缶のものは110円だ。

 で、新しくお目見えした自動販売機も、「色々なメーカーの商品が入り乱れている」ことには変わりないのだが、値段が変わったのだ。缶のものが90円と、以前より20円もディスカウントされ、非常にリーズナブル。

 しかし、一番変わった点といえば、商品のラインナップである。缶コーヒーのRootsのバリエーションが極端に減ってしまったことは個人的に非常に痛いのだが、それより何より、謎のメーカーの商品が登場したのだ。

 その、謎のメーカーとは、「サンコー」である。ご存知の方はおられるだろうか。私は知らない。サンコンなら知っている。そして私のまわりにも、誰一人としてサンコーを知る者はいなかった。

fabo_blend.jpg
これは、その、SANKOが発売している「ファボ」という缶コーヒーである。「チャボ」ではない。


 サンコーは私にとってまったく得体の知れないメーカーだったので、ネットで色々と調べてみたのだが、コーラからお茶まで幅広い商品を手がけていることが判明した。また、拠点はどうやら九州・福岡のようだ。福岡ではメジャーなのだろうか。


fabo_black.jpgfabo_cafe.jpg
「fabo」のブラックとカフェオレ。微糖派の私は少し困る今日この頃である


sanko_juice.jpg
野菜と果物のジュースも発見。これは結構おいしかった


sanko_vs.jpg
こちらはミルクティー。新参者の登場に、隣の若武者も思わずのけぞる


 ちなみに食堂にやってきた自動販売機には、他にも、やたらと日持ちするペシャンコの菓子パンを売っているものがあった。ただ、ワガママな私の本音としては、”何か違うなぁ”という感じだというところで、今回の日記を終わる。


株式会社SANKO
posted by aasa at 08:03| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若武者の若さに惚れました(笑)
Posted by 加賀 at 2006年04月06日 01:28
>加賀さん

じつはこの若武者を見てもらいたいだけに記事を投稿したようなものです(笑)
Posted by aasa at 2006年04月06日 06:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。