2006年03月05日

モーニング

 わりと最近、といっても去年になるが、近所に喫茶店ができた。
が、今まで特にこれといって必要性を感じることもなかったので、私はその店に行くことがなかった。

 しかし、せっかく家から歩いて行けるほどの近所に喫茶店ができたというのに、ずっと行かないまま人生を過ごすというのもどこか勿体ないような気がする。人生には、そう、少しの勇気と寄り道が不可欠である。たぶん。

 そういうわけで先日、意を決してその喫茶店に行ってみた。

 もしかしたら近所の人に会うかもしれない。店内が全席禁煙だったらどうしよう。常連客ばっかりだったら肩身が狭いなぁ。そういった、あまりしなくても済むような心配をしながら店に入る。

 店の中は窓が多くて結構明るい雰囲気だ。また、席数のわりに客も少なく、居心地も良さげ。
とりあえず私は、店員のお姉ちゃんにブレンドコーヒー(240円)を頼み、席でゆっくり飲むことにした。

 誰もいない窓際の席に向かおうとしたのだが、よく見るとそこには″NO SMOKING″と書いてあったので、思わず一旦回避。気を取り直して今度は中心部の席に着いた。
そんな私を見て、他の客は恐らく「ははん、あ奴は新参者だな」とほくそ笑んでいたことだろう。ただ、もし本当にそうであったとしても、それは想定内の洗礼であるので特に問題はない。

 気を取り直してコーヒーに口をつける。う〜む、緊張のせいか味がよくわからない。
が、最終的には全て飲み干したので、少なくとも不味くはなかったということだろう。

 それから何日か日が空いた別の休日、今度は朝食をとるべく再度その喫茶店に行った。店内には、前に行った時と同じお姉ちゃん(多分)がいた。念のために言っておくが、決して美人というタイプではない。

 モーニングセットの値段を見ると、「飲み物+60円」と書いてある。内容は、トーストとゆで卵。さすがは喫茶店の価格設定、ということで迷わずそれを注文した。

 今回は、前回の教訓を活かして、前とは違う窓際の喫煙席に座った。
 そして早速、モーニングセットに手をつける。ごくごく普通のトーストとゆで卵だ。コーヒー代+60円なら全く不満はない。続いて、コーヒーを飲む。うむ、普通にウマい。前回と違ってリラックスしているので今回はちゃんと味がわかる。

 さらに、前回来た時にはわからなかったが、店の中は有線が流れていて、出入口付近に新聞や雑誌も置いてあることに気がついた。

 なんだ、結構良い店じゃないか。気に入った。これぞご近所再発見。これから毎週でも来ようか。

 ただ、私がその喫茶店を気に入った理由は他にもあり、それは店員のお姉ちゃんがムチムチボイ…ん、む、ごほごほ、いや、まあ、それはやっぱり内緒にしておくことにして、今回の日記を終わる。
posted by aasa at 10:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。