2006年02月11日

三種の神器

一般に、三種の神器というと、剣、勾玉、あと、えーっと、何だっけ?ああ、鏡。そう、この三点セットを三種の神器と呼ぶ。

で、私にとっても、三種の神器(飲み物バージョン)というものがある。

それが、お茶、コーヒー、ジュースだ。

なんだ、普通じゃないかと思った人は、なかなか鋭い。確かに普通だ。
ただ、三種の神器と呼ぶからには、それなりのこだわりがあるのだ。

まず、お茶。
主に食後に飲む。空腹時に飲むと微妙に気持ちが悪くなることがあるので、原則食後だ。
シュチエーションによって、緑茶、玄米茶、ほうじ茶、麦茶、烏龍茶、ブレンド茶などの飲み分けをする。
ペットボトル入りのものでは「若武者」ないし「十六茶」を優先的に購入するが、これは私がアサヒ愛好家であるからで、じつをいうと本当は生茶が好きである。

次に、コーヒー。
これは主に、一服したり、リフレッシュする時に飲む。が、だいたいの場合、ひと口目、ふた口目でおおかた満足してしまい、最終的には少し余らせてしまうというオチがつく。

最後に、ジュース。
これについてはただならぬこだわりがある。そう、果汁100%のナチュラルなものでなければならないのだ。いつからこのこだわりが生まれたのか、それは定かではないが、気がつけばなぜか毎回果汁100%のものを買っている。
特に、近所のコンビニでは、4種類+αぐらいのバリエーションしかないので、それを順繰りローテーションで買い求めている。きっとコンビニのオーナーは「なんか知らんけどサンキストはよう売れとるな」と感じていることだろう。言うに及ばず、その犯人は私である。

といった具合に私なりの三種の神器(飲み物バージョン)を見てきた。
私は自分の中でいつしか「鉄の掟」なるものを作り上げ、「この三種の神器以外のものを飲むことは神々に対する冒涜である」という具合の規制を設けてしまった。

そのため三種の神器以外の飲み物にはなかなか手が出せず、浮き足立ってしまうのである。我ながら非常に損な考え方だ。

しかしながら最近は、世間の波に便乗して三種の神器以外でも「ミネラルウォーターはOK」とか、「アサヒ飲料のものはギリギリOK」という都合の良い規制緩和を設けた。

つまり、三種の神器といっても、そんなに大したこだわりがあるというわけでもなかったのかもしれないなぁと気づいたところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 05:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

だんじり祭り3
Excerpt: この日は秋やのにムチャクチャ暑かったんや。俺はもうクタクタで倒れそうやった。 気合だけは入れてるつもりやけど正直ゆうて俺ももう若ないし、昔みたいに青年団で引いてる頃とは気合も体力もまったくちがうんや。..
Weblog: 俺とチワワのクロとの日記
Tracked: 2006-02-12 07:12

スターバックスのブレンド 【コーヒー専科】
Excerpt: スターバックスのHPにブレンドに関するコラムがありましたので紹介したいと思います
Weblog: コーヒー専科??スターバックス、ドトール、イノダの飲み比べ??
Tracked: 2006-02-14 23:15


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。