2006年02月10日

アルチュン(File.28)

さて、今回は東京駅で知る人ぞ知る、無駄にハイテクな自販機を発見したので報告しよう。
先に言っておくが、いつもより少し長いので、もしトイレに行きたいなら今のうちである。

adm02.jpg


えー、ぱっと見は、よく事務所とか社員食堂にある、カップ式コーヒーの自販機である。
ここで、「あ、見たことあるわこれ〜」と心当たりがあるかたは、この先の文章はたぶん時間の無駄になるので読ないことをオススメします。

さて、気を取り直して、念のため横のほうからも見てみるが、モニタがついている以外は普通である。

adm01.jpg


が、しかし、そのモニタをよく見ると…

ぬおっ、こ、これは!!

adm11.jpg


コーヒーをミルで挽き、ドリップし、出てくるところまでを逃さずライブ中継するという、非常にありがたいのか、どうでもいいのか、よくわからないハイテクノロジー。自販機の進化を思い知らされる。こんなマシーンがあったら、特にコーヒーを飲みたい気分でなくても買ってみたくなるじゃないか。

そういうわけで私も、恐る恐る、カプチーノを購入。ポチ。すると…

adm12.jpg


おお、マジである。これがマイ・カプチーノ!ちょっと恥ずかしいが、映像とともに名曲「コーヒー・ルンバ」が流れ出す。様々なアングルから映し出される映像はライブなので録画ではない。多分。

adm13.jpg


最後は丁寧に今風のキャップも閉めてくれる。画面の反射で私の姿が映り込んでそうだが、なんとか映っていない。恐らく誰も期待していないだろうが、読者の方、残念。

adm14.jpg


完成すると、恐らくエチオピアかどっかの女が出てきて、丁寧な言葉をかけてくれる。いえいえ、こちらこそ貴重なものを拝見させていただきありがとうございます。

adm21.jpg


そしてこれが完成品。うむ、しっかりフタもしてあってよろしい!持ち運びOK!

adm22.jpg


カプチーノは本格派なようで、フタを開けるとシナモンの香りがほわわぁ〜んとする。
気のせいか美味しくなさそうに見えるが、それはカメラが悪いのであって、本物は見た目・味ともにそこら辺のセルフ式カフェと変わらない。総務課長、もしここを見ていたらこの自販機をゼヒ食堂に置いて下さい、とお願いしたい。

さて、以上を見て、もっとこの自販機について知りたいぜ!と思われたかたは、こちらに動画もついたさらに詳しい解説があるようなのでどうぞ。(宣伝ではありません。念のため。)

アドマイヤ ミル挽き珈琲 を追いかけた記録
posted by aasa at 11:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 街を歩きたおす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13075258

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。