2006年01月16日

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

魔法学校の生徒ハリー・ポッターを中心に様々な物語が展開していくファンタジー作品。
原作は同名小説で、映画としては4作目。

蛇の出てくる悪夢にうなされた主人公ハリーが思わず目を覚ますところから物語は始まる。

同級生のロンからは「そりゃお前、正月から蛇の夢なんか縁起ええがな」と言われるが、いかんせん悪夢だったというだけにハリーはどうも釈然としない。

そんな中、大林素子学長率いる女子校やゴッツいアニキばっかりの男子校など複数の魔法学校による連合運動会が催される。

運動会の最初の種目は騎馬戦。

いやいやながら出場させられたハリーが死闘の末に相手の帽子を奪うと、客席からは拍手の喝采が沸き起こる。

賞品に金の卵をもらい、「やっぱ蛇の夢が金運アップってホンマやったんやなぁ。これ売ったらナンボなるかなぁ」
などと皮算用をしながらハリーは寮に帰る。

が、寮に着いたところで油断したハリーは自分の部屋の入り口につまづき、うっかり金の卵を割ってしまう。

粉々になった金の卵は、じつは表面だけ金のメッキで、中身はただの粘土であったことが判明する。

「やっぱり夢なんかアテにならへん」

といった、ほろ苦い経験を通してハリーが徐々に大人になっていくというストーリーである。


ハリー・ポッター公式ウェブサイト
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/


「ハリーポッターと炎のゴブレット」は、梅田ピカデリー、梅田ブルク7(イーマ)他全国松竹系にて上映中です。

(※実際の内容は上記紹介文と一部異なります。ご注意下さい。)
posted by aasa at 03:16| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。