2005年12月27日

パンダ

私は高校時代、陸上部に所属していた。メインでやっていたのは短距離だ。

本当は長距離が得意で、体質も長距離向きだったが、あえて短距離をやっていた。

理由は主に以下の4点。

1.長距離は基本的に走り込むばかりでトレーニングが単調だが、短距離は筋トレやスタート、バトンパスなどトレーニングもバラエティーが豊かそう。

2.ムキムキになりたかった。

3.小さなクラブだったので、他に長距離をやっている人が1人(女子)しかいない。

4.ジャージの背中のプリントが、長距離が「LONG」であるのに対し、短距離は「SPRINTER」と書かれていて、なんだか格好良さげだった。

そんなわけで、日々、仲間と学校から公園まで走り、公園でいろんなトレーニングをやっていた。

で、その公園にはいつも現れるオッサンがいた。オッサンのニックネームは「パンダ」。名付けたのは私だ。

なぜパンダかというと、黒い長袖Tシャツの上に白い袖なしTシャツを重ね着し、黒いズボンを履いており、どこからどう見てもパンダルックだったからだ。

パンダはなぜかいつもそのコーディネートなのである。そしていつもパンダファッションで一人黙々と野球の素振りをしていた。
パンダにしてはかなり凶暴なので、中国の人が見ると少し慌てるかもしれない。

そして我々はというと、横目でパンダをチラ見しながら公園内をぐるぐると走るというトレーニングをする。

なんだか不気味な絵が思い浮かびそうだが、もし浮かんだとしてもそれはそっと胸の内にしまっておいてほしい。

あれからもうかなりの歳月が経つが、パンダは今も元気に素振りをしているのだろうか。
そう思うと、あの日のパンダが自然と私の中に蘇ってくる。

特に大した交流や思い出もないが、パンダのオッサンはいつも私の心に住んでいるのだ。

よくわからないが、まあそういうことで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 13:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11082160

この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。