2005年12月10日

ACのCM

AC(公共広告機構)のCMは怖い。中にはそれほど怖くないものもあるが、おそらく半分以上のものは怖い。特に私は、最近やっている児童連れ去り防止キャンペーンのシマウマが出てくるやつが非常に恐ろしくてかなわない。

念のために一応説明しておくと、日が暮れてきた街中で、シマウマたちが続々と家路につく。
そんな中で、一匹の子供シマウマがいつまでも家に帰らず外でぽつんと立っている。
そのあとに児童連れ去りに関する統計と、「一人にならない、一人にさせない」というナレーション(緒方直人の声)が入るという内容なのだ。

まあ文字で見るとそうでもないが、実際見ると不気味極まりなく、テンションも一気に急降下する。

特に私は以前に、テレビをつけっぱなしにしたまま寝てしまったことがあるのだが、その後深夜にかすかに目覚めた瞬間に、運悪くこのシマウマのCMを見てしまったことがあるのだ。

そういう恐怖を体験して以来、私はこのCMに遭遇すると、すぐさまチャンネルを替えることにしている。

が、昨日は松下電器産業等の不祥事によるCM差し替えで、テレビをつければAC祭りといわんばかりにほとんどのチャンネルでACのCMが大量に流れていたのだ。

その中にはもちろん、あのシマウマのCMも連発してあった。

どの番組を見ていても油断するとすぐシマウマが出てくるので、そのたびにひたすらチャンネルを切替えて回避する。

数回はなんとかこの方法で見事に切り抜けられたのだが、一度だけ、逃げた先のチャンネルでもシマウマのCMを流していて、かなり焦った。

逃げるならNHKにでも逃げたほうがいいな、と、またどうでも良いことを学んだところで今回の日記を終わる。



「一人にならない、一人にさせない」詳細・ムービー
社団法人 公共広告機構(ACオフィシャルサイト)


※「一人にならない、一人にさせない」篇は当初関西地域限定の作品でしたが、最近の社会事情により急遽全国オンエアになったようです。
posted by aasa at 17:30| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの静かな感じが
なんともいえない恐怖を感じますよね。
Posted by 洪ふご at 2005年12月11日 10:55
俺もダメです。AC全般嫌いです。シマウマでも怖いのに、最後にあの白抜きロゴ&サウンドロゴですからね…。
Posted by ぱきら at 2005年12月12日 10:39
リアリティがあるぶん、余計恐怖感があるのかもしれませんね。
そういえば数年前、テレビで海外の公共CMを見たことがあるのですが、日本以上に恐ろしかった記憶があります。

以下、うる覚えですがその内容。

(シンガポール)
手をつないで画面の奥に歩いていく親子。
子供は楽しそうにはしゃいでいる。
非常に微笑ましい光景。
しかし、突然ナレーションが。
「近所の人なら気づくはずです」
「子どもの誘拐防止に、地域の目を」

(アメリカ)
ホームビデオで撮影した、幼い女の子のはしゃぐ姿。
誕生日をお祝いしてもらい、歌を歌ってケーキのロウソクの火を吹き消す。
画面が真っ暗に。
真っ暗なまま、突如、車の「キキキキー!」という急ブレーキ音と「ドン」という鈍い音が。
「この翌日、女の子は飲酒運転の車に轢かれ、天国へ逝きました」
「飲酒運転はやめましょう」
Posted by aasa at 2005年12月12日 17:53
こんにちは。
私もACのCM大嫌いです。
食料資源のでぶねこのCMご存知でしょうか?小さい時あのCMが怖くて怖くて、深夜うとうとしながらテレビの音を聴いていたらそのCMが入って(そのCM、BGMが不気味なもので)、側にいた母と姉が「この子寝ててよかったね」なんていってましたが、心の中で「ばっちり起きてるよ〜聴いちゃったよ〜」って思ってました。
最近ではゆずとかHOMEMADE家族とか若者受けする芸能人起用してますが、それすら怖く感じます。
Posted by @kane at 2006年03月14日 12:55
>@kaneさん、

こんにちは。残念ながらでぶねこのCMはちょっとわかりませんが、今あらためて見ても(古いということもあって)非常に怖そうですね。
Posted by aasa at 2006年03月14日 15:16
ACのCM怖い人他にもいたんですね。
俺だけじゃないんだ
Posted by ななし at 2006年05月22日 04:17
>ななしさん

こんにちは。やはり怖いですよ。
先日も、深夜に台所からなんとなくテレビをチラ見したら「命は大切だ」のCMがやってて思わずビビりました。
Posted by aasa at 2006年05月23日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。