2006年06月28日

1周年ゲリラ

 んん、最近ちょっと更新をサボっていた間に、なんとこのブログが開設1周年。
 いやはや、月日の流れは早いものだと実感である。何はともあれ、読者の皆様がた(と、いっても実数は知れているが)には非常に、感謝。ありがとうございます。

 さて、このところの私は一体どうしておったのかというと、じつは、なんと、特にこれといって変わったこともなく、普段どおりだった。

 しいて言うなれば実際は少し忙しかったかなという程度なのだが、その忙しさゆえか、はたまた冷たいものを飲みすぎたためか、しばらくお腹を壊していた。いわゆるゲリラ戦というやつである。

 ゲリラ戦においては、強烈な毒ガスで私自身がえらい目に遭ったり、民間人を巻き込んでしまったりもした。それについては、この場を借りてお詫びしよう。ごめんくさい。

 などと下品極まりない上にイマイチ反省もしないまま、なんだかんだで今回の報告を終わる。
posted by aasa at 15:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

アルチュン(File.39)

 さて、今回は岡山県某町で親切な標識を発見したので報告しよう。

ekimae.jpg


 特急列車の停まらない、のどかな田舎町。特に高い建物もないし、のんびりとした田園風景がひろがっている。
 「ここは駅前です」。あと駅舎まであと何メートルかとか、どっちの方向かなどといった、余計な情報は一切要らない。とりあえず、今、この標識の場所が「駅前」なのだ。極限まで削ぎ落としたシンプルな表現。まるで、我々の美意識に静かを訴えかけているかのような、もしくは何かを試されているかのような、そんな錯覚にさえ陥る。

 「こんな標識、要らないジャン?」それは言うてはならぬ。
posted by aasa at 21:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街を歩きたおす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ジャワ島地震に救援金

 このたび、アフィリエイト報酬の一部を、ささやかながらジャワ島中部地震災害の救援金として日本赤十字社に送らせていただきました。

 今回の救援金は日本赤十字社を通して、被災者の救援ならびに被災地の復興支援に役立てられます。

 本ブログを通してお買い物をされた皆さまに心から感謝します。ありがとうございました。


<救援金の振込方法>

◆郵便振替での受付

・口座名義:日本赤十字社

・口座番号:00110−2−5606

・受付期間:平成18年5月29日(月)から6月30日(金)まで

・通信欄:振替用紙に「ジャワ地震」と明記ください。

・手数料   
  郵便局の窓口でご協力いただきますと振替手数料は免除されます。
  郵便局ATMからのお振込みの場合、手数料が別途かかります。


◆イーバンク銀行での受付

・口座名義  
  日本赤十字社 国際救援金口 
 (ニホンセキジュウジシャ コクサイキュウエンキングチ)

・口座番号:ジャズ支店 201-7009683

・受付期間:平成18年5月29日(月)から6月30日(金)まで

・受付時間:各金融機関のネットバンキングやATMから、24時間受付しています

・手数料:イーバンク銀行口座からのお振込みの場合、振込み手数料は免除されます。



日本赤十字社

image/aasa-2006-06-13T22:32:38-1.jpg
posted by aasa at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ジャパン

 近所にジャパンがある。

 最近流行の「ジーコジャパン」のジャパンではない。ディスカウントストアのジャパン。100円ライターからパソコン周辺機器まで、だいたい何でも売っている。しかも、安い。

 たしか店舗は関西中心なので、それ以外の地域の方にとってはよくわからないかもしれないが、「ドンキホーテ」とか、そういう類の店だということで、各自頭の中で適当に変換しておいてほしい。

 ただし、ジャパンがジャパンたるゆえんは、看板にでっかいオッサンのイラストが描かれているというところだ。関西人であれば、「ジャパンのオッサン」と言われれると大概「あー、あれね」と察することができるぐらい、そのオッサンの顔は知れている。が、それだけ知れてはいるが、誰も名前はわからない。「ジャパンのオッサン」あるいは「能書きオヤジ」なのだ。

 さらに、ジャパンのオッサンは、店の前にも大きなオブジェとして飾られている。決して怪しい宗教ではない。しかし、そんなオッサンの不気味ともいえるオーラを発していながらも、客層は老若男女を問わない。
 近所の女子中学生から、おじいちゃん、ファミリー、ヤンキーまで、ありとあらゆる客が、今日も明日もジャパンに何かを買いに来る。朝8時から夜11時まで。年中無休だ。ただし、ジャパンの広告には「年中夢求」と書かれてある。よくわからないこだわりである。

 ちなみにジャパンには、PB(プライベートブランド)の商品もある。プライベートブランドとは、ジャスコでいう「トップバリュー」のような格安OEM商品だ。ジャパンでのPB名は「JAPAN」というらしい。そのままではないか。

 そしてPB商品には、「石水」というペットボトルに入った少々怪しい飲料水(50円)や、オリジナルの缶入りトマトジュース(50円)、さらには、「幸麺」と呼ばれるオリジナルのインスタントラーメンがある。以前、知り合いの若い女とジャパンに行ったとき、彼女が「あ、幸麺や!これ結構おいしいねんで。うちのお父さん大好きやねん」と言っているのを聞いて、思わず少々引いてしまったこともある。

 また、ジャパンでは、レジの傍らに1円玉がたくさん入ったトレーが用意されている。たとえば会計で「1004円」とかになってしまった時に、自分の財布に小銭がなくてもここのトレーの1円玉を勝手に4枚取って、「自分の4円」として使うことができ、スッキリしたお釣りを受け取ることができるのだ。まさに、肉を切らせて骨を裁つ。これこそがジャパンの真髄である。

 まあそんなところで、また今度続きを書くことにして、今回の日記はこれで終わる。


信頼のディスカウントストア・eジャパン
ジャパンのオンライン通販サイトです。
posted by aasa at 17:16| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。