2005年11月10日

ついに買ってしまった、カシオのG-SHOCK

私はカシオが好きだ。今さら説明は必要ないかもしれないが、念のために言っておくと、カシオというのは、あの、電卓とか時計を作っている会社で、正式な名前は「カシオ計算機」という。

好きになったきっかけは2年ほど前。当時購入したA5403CAという、当時としては先進的な200万画素のカメラを備えた携帯電話の使い心地にしびれ、気がつけばカシオの虜になっていたのだ。

残念ながらウリであったカメラの出来は決して褒められるものではなかったものの、とにかくメールが打ちやすかったり、撮影した画像をおもしろおかしく加工できたりと、ソフト面で「ユーザーの立場になって作ってあるな」と大層感心したのを覚えている。

で、その後、私はデジタルカメラをが欲しくなり、色々調べた挙句、カシオのQV-R40というカメラを買った。するとこれまた扱いやすく、手頃な値段でありながらそこそこの画質、素早い起動、わかりやすいボタンなど、これまた私はしびれることになったのである。

それから数年後の先日、私はとある腕時計に一目惚れをした。それがG-SHOCKだ。

続きを読む
posted by aasa at 12:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

映画「私の頭の中の消しゴム」

原作は永作博美主演のドラマ「ピュアソウル」。

妻持ちの男と不倫した挙げ句に捨てられた主人公スジンが、ヤケクソがてらにファミリーマートに行ってコーラを買うが、商品を受けとるのを忘れたまま金だけ払って店を出る。

しばらくして「そういや財布も忘れた」と気づき、ファミリーマートに戻るが、店の入口でワイルドな兄ちゃん・チョルスが自分の買ったコーラを持って出てくるのを目撃。

腹が立ったスジンはチョルスのコーラを取り上げて飲み干し、これでもかと言わんばかりに顔面にゲップを浴びせかける。

しかしチョルスはそのコーラを自分で買ったのに、なぜいきなり横取りされた挙句にゲップまでされなければならないのか、というわけで、完全な誤解。

思わずチョルスも「コーラー!」と怒って握りっ屁で報復する。

そんな上品とは言えない臭気合戦を繰り返しているうちに、あまりの悪臭に両者は失神寸前。

最終的に、チョルスが起死回生で放ったジャンピング屁が決定打となり、そのショックのあまりにスジンがアルツハイマーになってしまうというストーリーである。


公式サイト「私の頭の中の消しゴム」
http://www.keshigomu.jp


「私の頭の中の消しゴム」は梅田ピカデリー、梅田ブルク7(イーマ)他で上映中です。


(※実際の内容は上記紹介文と一部異なります。ご注意下さい)
posted by aasa at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

朝だ!生です旅サラダ

どうだ、このタイトル。

「朝だ!」というのは、一日の始まりである朝において、期待に胸を膨らませるような弾けた印象だ。

だが、まあ、いちいち張り切って「朝だ!」なんて言わなくても、放送時間からしてわかりそうな気もするが、それはあまり触れてはいけない。

次に、「生です」。録画ではなくて生放送でやっていますよというニュアンス。

ゆえに先ほどの「朝だ!」というような弾けた表現とは打って変わった、さりげない謙虚な感じで「生です」。

しかしこの二つの語呂合わせ、やはり微妙なちぐはぐ感は拭えない。
そもそも「〜だ」と「〜です」という文体を併用すること自体にまとまりがないのだ。

そして「旅サラダ」。
レタス、ピーマン、トマトのように、旅、グルメ、宿、中継などの色とりどりのコーナーが混じり合っている。

それをひとつの番組として生放送でやっているのを、(生野菜を使う)サラダに例えているから「旅サラダ」。

食べれば美味しいように、観れば楽しいよといった感覚なのだろう。

ちなみにこの「サラダ」は、コーナーだけでなく、神田正輝、竹内都子、田中義剛、ラッシャー板前などのどう考えても理解不能なキャスティングにも通ずるところがある。

「朝だ!生です旅サラダ」

一見見過ごしてしまいがちなこのまか不思議なタイトルは案外深いのかもしれないな、と思ったところで今回の日記を終わる。
posted by aasa at 23:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

全国ロケ地ガイド

先日ネットで色々探し物をしていたときに、なかなか興味深いサイトを発見した。
それが、「全国ロケ地ガイド」だ。

テレビドラマや映画、CM、プロモーションビデオで登場した全国のロケ地を紹介しているので「全国ロケ地ガイド」。これ以上ないであろう簡潔かつわかりやすいタイトル。

で、このサイト、何が凄いかというと、その情報量。現在放送中のあらゆるドラマのロケ地から古〜い映画のロケ地まで載っている。一体どうやってそこまで調べ上げたのかと思ってしまうほど物凄い。しかも俳優別、作品別、地域別、年代別から検索できる。

それならばということで、私も早速、近所に何かのロケに使われた場所はないだろうかと調べてみた。

続きを読む
posted by aasa at 14:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

株式投資ゲームの王者

先日、バーチャル株式投資のゲームをやっていて、今のところなかなか順調だと書いた(過去の記事参照)が、最近も日経平均株価に連動して私のバーチャル評価額も121万円と地味に上がりつつある。

が、しかし。前より評価額が上がっているにも関わらず、運用成績ランキングが2275位と、大きく後退していることに気がついた。ちなみに前回の時点では1546位だった。

そこで、私より上位の人は一体いくらぐらいになっていのだろうと気になり、参考までにおそるおそるトップの成績を見てみた。

続きを読む
posted by aasa at 13:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

live earth

live earthという携帯アプリをダウンロードした。

live earthというのは、宇宙に浮かんでいるCGの地球を360°から自由自在に見ることができるアプリだ。
太陽が地球に落とす影(日影線)もリアルタイムで再現される。

だからどうなんだと言われそうだが、意味もなくグルグルと回転させたり、拡大・縮小したりすると、もう地球を支配している銀河の大王になった気分に浸れるのだ。

live_earth.jpeg


自転と逆にグルグル回すと、あの過去に戻れるだろうか…いや、その考えはおかしいとか、大宇宙に比べれば人間はどれだけ小さい存在なのだろうとか、あまり普段は考えなくても生きていけそうなことをあえて考えてしまう。

また、カップヌードルを食べながら地球を見ると、なんだかこの間の宇宙飛行士の気分になれそうだ。私はやらないが。

これぞ宇宙と一体化できる禅のアプリや!ということで、今回の日記を終わる。


【live earthへのアクセスリンクその他】
posted by aasa at 16:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 移動体通信系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

アルチュン(File.17)

さて、今回は東急ハンズで不可解なジョークアイテムを発見したので報告しよう。


tabaco1.jpg


その名も「スモーキングたばこ」。399円。商品自体は、白い粉末を拡散させて、あたかもタバコから煙を出しているかのように見せるジョークグッズである。ただ、パッケージの表は、見てのとおり、なぜか昭和の香りがプンプンするイラスト。左のオッサンはジャケットから察するに、ちょっと小金持ちのノリスケといったところか。それにしても、このノリスケが右のエプロンの女(おそらく嫁)に対してこれみよがしに煙をかける姿、さらにその煙をひとつも嫌がることなくむしろ楽しんでいるかのような女の表情は何とも味わい深い。

<<気になるパッケージ裏面はこちら>>
posted by aasa at 10:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 街を歩きたおす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

バットマン

その夜、私は駅から自転車で帰宅していた。

人通りの少ない道路沿いの道をまっすぐ走り、小さな交差点に差し掛かる。
交差点を越えてもう少しまっすぐ行けば私の家も近い。

で、まあ、時間的に特に焦る必要もないので余裕をもって赤信号で停まった。

続きを読む
posted by aasa at 03:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

まったく興味のないものに挑戦してみる─「姫鶴一文字」

その名は、姫鶴一文字。

越後の虎・上杉謙信が愛用していたとされる伝家の宝刀。本物は現在、国の重要文化財となっているが、模造刀は多く出回っている。

他の刀との一番の違いは鍔がないこと。
鍔がなけりゃ競り合いもできないし実戦に向かないじゃないかというような指摘は、ある意味で正しいが、ある意味では間違いだ。

続きを読む
posted by aasa at 04:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Copyright(c)2005 AASA2 All Rights Reserved.
いただいたコメントやトラックバックは予告なく削除することがあります。ご了承ください。
掲示板、宗教関連、公序良俗に反するサイト以外へのリンクはフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。